ぎっくり腰・ひどい腰痛になった時の起き上がり方

急に襲ってきた腰痛は応急処置で対応しよう

はじめてぎっくり腰をしたときは誰もがショックを受け、びっくりすることでしょう。何故か。ケースとして多いのはちょっとした動作で釣り合わない痛みが走るからです。

 

          l_132
・床に座ってみた時
・ちょっとした軽いものを持ち上げた時
・くしゃみや咳をした時
・屈んだ時
・立ち上がった時
そうです。普段の何気ない動作から急におこるぎっくり腰。
その痛さは時として半端ではなく、痛みを感じた姿勢からまったく動けなくなるぐらいの痛さです。
そしてその痛さを感じると、あまりに突然で現実を受け止めるのに茫然とします。
しかし、起こったものはまずは冷静に対応することが望ましいです。
主な原因は、筋肉の繊維、筋肉の炎症、椎間板の異常(ずれ、やつぶれた場合神経を圧迫し、そのために起こる)等。

このような場合、すぐに原因はわかりません。症状はやはり医者に行くべきなのですがまずは起こった場合の対応です。

腰に圧力、負担、力をかけなくていい体勢になる→横になる

痛みを感じた瞬間の姿勢は、だいたい中腰、傍から見るとへっぴり腰、なんとも痛そうな姿勢になっていることが多いです。その姿勢から無理にまっすぐにしようとすると往々にして痛みを感じます。

 

無理に伸ばそうと思えば伸びるかもしれません。ですが無理に伸ばしているので鈍痛は続いたままです。

よくあるのが、無理に伸ばしたらとりあえずは伸びたけども、また屈んでしまった場合同じような痛みがあり結局伸ばす度に痛みが走る、それを繰り返してしまい、かえって炎症がひどくなって腰痛を長引かせてしまった、といったケースが良くあります。
・まずは横になります。
・そしてだいたいは左か右か、片方の痛みがひどくなるケースが多いので、痛い方を上にします。
・痛い方を下にして圧迫してはいけません。比較的痛くない方を下にして丸くなるイメージで背中を丸くします。横になって膝を抱え込むように丸くなるイメージです。

・ベッドや布団から離れている位置でなった場合でも、そこまで移動するのが大変かもしれません。
その場合でも家内に人がいれば手伝ってもらい、誰もいなければ壁や机等をつたって徐々に移動することです。痛いからといって急激に歩いたり走ったりしては炎症をさらに悪化させてしまいますので、ゆっくり移動することを心がけましょう。
・しばらくは横になり、腰を休める

炎症が起こって熱を持ってる場合があります。いずれにしてもまずはゆっくり腰に負担をいっさいかけない姿勢で休ませる事です。ベッドから起き上がるときも横向きの姿勢から置きます。順番に上体を起こすようなイメージで起きるといいでしょう。

ポイントは腰に負担のかからない体勢を維持すること。急に動いてもいけません。そして痛みが和らぎ、動けるようになってから病院に行くようにしましょう。

病院は整形外科を受診するようにしましょう。

とくにこのぎっくり腰というのは人によっては慢性化しやすく、癖になったりします。癖になると本当に日頃の何気ない動作から、すぐ起こったりします。しかし、その場合は「最近、ちょっと痛いなぁ」みたいな感じで前兆があったりします。

再発防止するために、腰に負担をかける動作を必要とする場合(重いものを持ち上げたり、屈んだり前傾姿勢になる事がある場合)には注意を払うようにしましょう。

 

 

腰が痛いからといってずっとゴロゴロして寝ているのもNG

ぎっくり腰が起こってからはもちろん病院に行く事も大事でまずは痛みが和らぐまで横になってることも大事ですが、だいぶ緩和されたのにそれでもゴロゴロしていると筋力が弱まり結果的に腰痛をまた引き起こす可能性があります。

程度にもよりますが、大半のぎっくり腰の場合、整形外科に行くと数日は腰に負担にならないようにゴロゴロしていても構わない。ですがある程度動けるようになったら、歩くなりしてリハビリをしたほうがいい、という事を言われました。これは色々サイトを調べるとこのような事が書かれておりました。

筋肉はご存じのとおり、まったく使わなければどんどん筋力は落ちてきます。そうすると腰回りをつかさどっている筋肉でさえどんどん落ちていきます。結果、また腰痛を引き起こしかねません。

急に走ったり、何か思い荷物を持ったりして試してはいけませんがある程度歩いたり、できるだけ日常の活動に戻れるようにリハビリかねて行いましょう。

腰痛持ちから支持されている腰痛マットレスランキング

腰痛持ちから支持されている腰痛マットレスランキング

腰痛対策マットレスモットン

マットレス訴求

腰痛対策マットレスモットンはまさに「腰痛持ち」の方向けのマットレス

昨年から爆発的に売れている腰痛対策マットレスで、腰痛持ちの方には絶対おすすめのマットレスが「腰痛対策マットレス モットン」です。
腰痛対策専門のマットレス」というコンセプトで、まさに腰痛で悩んでる方を対象に開発された高反発マットレスです。


腰痛対策マットレスモットンは、まずは試してみたい、という方の為に「お試しキャンペーン・90日間の返金保証制度」を実施しています。

ブランディング等にお金をかけず口コミ等で評価を得た腰痛対策用の高反発マットレスとして実績を積み、売上本数10万本(※平成28年6月10日実績)を突破した腰痛対策マットレスモットン。

CMや雑誌などで見られるマットレスは、プロのスポーツ選手等が使用している事でブランディング効果も高く、腰や体の負担を抑えた腰痛マットレスですが、値段が高額で、なかなか手が出しづらかったのが現状です。

日々鍛錬を重ねているアスリートの腰痛と、一般の方の腰痛とはまた性質が根本的に違います。今まで一般的な方向けにリーズナブルで腰痛対策を前面に押し出しているマットレスはありませんでした。

マットレスで必要な耐久性・通気性・ホコリも出ず、ダニ対策も万全。ISO認証取得工場での製造・復元率や見かけ密度等も数値が高い高性能の腰痛対策マットレス。

point!モットンはベットや床に直接敷いても、今使っているマットレスの上に敷いてもOKです。
「お試しキャンペーン・90日間の返金保証制度」の間は、今使用しているベッドマットレスはそのまま平行して使用しながら判断することができます。
良いと思えば、90日間の間に今のベットマットレスを処分し、合わなければ返品する、といった様に試す事ができるので、リスクは限りなく低くなります!


モットンはキャンペーン中の「公式通販」からの購入が一番安く購入できます。

 

雲のやすらぎプレミアム

雲のやすらぎ敷布団は専門家も納得の4冠獲得

腰の専⾨家が選んだ!腰に優しいマットレス第1位    雲のやすらぎプレミアム

腰痛対策⽤の敷布団、マットレスとして有名なのが「雲のやすらぎプレミアム」

整体師、整形外科位、柔道整復師が選ぶ「腰に優しいマットレス」で1位を獲得しているだけあって、発売以来⼤変売れています。

素材は⾼反発ウレタン、凹凸アルファマットを使⽤しており体にかかる負荷を⼤幅に軽減させるので腰痛や背中の痛みなどで悩んでいる⽅にはおすすめです。また⾼級⽺⽑、先端素材のマイティトップⅡ(防ダニ・防カビ・防臭)が使われていて寝⼼地も抜群。


腰の専⾨家を納得させた構造が⽣み出す厚みはなんと17cm!底付き感もないので床引きでも、ベッドフレームの上で使えますね。

100⽇返⾦保証もあるので、腰が気になる⽅は試していただきたい商品です。

高反発マットレス 13層やすらぎマットレス

雲のやすらぎマットレス

圧倒的な構造で高級感・存在感があり、数々のメディアで取り上げられた高反発マットレス。

・こだわり抜いた高反発マットレス・プレミアム高反発コイルとクラウドMAXウレタン
最大級の厚み!13層の極厚27cm
・ハイグレードニット通気性・吸収性が抜群。体圧分散機能と温度調節機能
・完全日本製造の高品質・防ダニ・抗菌防臭を徹底
使用をしても、60日間の返品保証。

 

 

香川真司選手等が愛用【マニフレックス】 マニフレックス モデル246

プロサッカー選手の香川真司選手等が愛用していることで、アスリートの間でも使っている方が多い【マニフレックス】。

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。
ポイントは、優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォーム「エリオセル」は その品質と耐久性を証明する長期保証がついていることです。

高反発と言うと「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

「背中・腰・お尻」の形成する大きなS字はマットレスで、 「頭・首・背中」の小さなS字はまくらで、隙間なく支え上げて保持します。 日本では腰痛に悩まされている方に特に人気があります。

-ぎっくり腰・ひどい腰痛になった時の起き上がり方

© 2020 【腰痛マットレス比較】腰痛マットレス2020年最新版人気ランキング!腰痛対策