日頃からの腰痛対策を実施

NHKの「ガッテン!」とう番組でも腰痛患者の8割が改善する最新メソッドで「寝返りが大事」

「寝返りが大事」腰痛患者の8割が改善する最新メソッド

腰に一番悪い姿勢は座る事。立つか座るか寝るか。日常はこの3つのどれかだ

 

NHKの「ガッテン!」とう番組でも紹介されておりました、「腰痛患者の8割が改善する最新メソッド」の中で、

・寝返りを増やして腰痛解消

という内容でした。腰痛対策として打ち出されたマットレスや敷布団には高反発のものが多いですが、やはり腰痛持ちの方は比較的「寝返り」が圧倒的に少ないという方が少なくないのだそうです。

寝返りを簡単にうてるように枕の高さを調整し、横向きになった時にちょうど真正面を向いた状態。
横から見てもまっすぐになっているような寝姿勢がよい、といった内容で推奨しておりました。

この場合、かなり枕を高くしなければいけないのと、おそらく体格等によって、さらには布団やマットレスによっても変わってくるのかなと感じます。

 

いずれにしても腰痛対策には「寝返り」の必要性を訴える業者が多いのでできるだけ自然に力もいれずに寝返りができるようなマットレスを選んだほうがいいでしょう。

 

腰に一番負担がかかるのが座っている姿勢

先日のテレビ番組で座っている時間が長いほど早死にすることが、各国の研究により明らかになったという内容のものを放送していました。そんな放送を座りながら見ていました
が、果たして本当なのでしょうか。

結果、座っている時間が長い人は心臓病や血栓等を起こしやすいリスクを背負う為、運動不足による疾患を患う可能性が高いとのことです。

ずっと座っているということは歩かない為、足を使わなくなります。ふくろはぎを揉んだほうがいいとよく言われてますが、足のふくろはぎは第二の心臓と呼ばれており、下にたまった血液を流すためのポンプの役割を担っています。

この血液循環が悪くなると様々な疾患が増加することになるのです。最近ではスタンディングのパソコンデスク等がはやっているそうで、特に欧米の会社では導入しているところが多いそうです。

「日中はデスクワークが中心なので、会社にいる時間のほとんどは座っています」といった方は多いのではないでしょうか。

サービス業等でもない限り、特にパソコンを使う仕事では座って行う作業がほとんどです。デザイナーも、プログラマーも、事務作業も座って行うので一日の半分以上、座っている方も日本では多いのではないでしょうか。

30分椅子に座りづづけたら立ち上がる。これだけでも効果がある

では、平日の日中は座っている時間が長いけど、土日で十分な運動をしているので相殺できているのでは、というのもどうやら誤りだそうです。長時間の座り姿勢の健康への影響は運動によって無くなるものではない、とのことです。

では、どのようにすればいいのか?

色々な定説はありますが、まずは30分椅子に座っていたら、立ち上がること。これだけでも効果があるそうです。

それは耳の奥にある耳石(じせき)を動かすということだそうです。
めまいでも、この耳石が関係しているらしく、寝相もむしろずっとまっすぐ仰向けで寝ている人にたまりやすい傾向にあるとのことです。
動いていない姿勢をずっと保つ事で日中に動きまわっていた耳石が集まってしまうのだそうです。

寝返りをうつことは、腰痛対策になるだけでなく、血液の循環、三半規管への影響等様々です。

起きていればまだ立ったり座ったりと意識して動く事ができますが、無意識になる寝ている間は寝具の影響が大きくかかわってくるでしょう。
長期間使用してきたベッドマットレスは反発力が弱くなり、またはヘタってしまい寝返りをするためのサポートする反発力は期待できません。

寝姿勢では枕を高くし、横向きになったり正面を向いたり等、やはり寝返りを打つことを推奨しています。
日中運動不足になりがちな方こそ、寝ている間の姿勢には気を付けた方が良いでしょう。

腰痛持ちから支持されている腰痛マットレスランキング

腰痛持ちから支持されている腰痛マットレスランキング

雲のやすらぎプレミアム

腰の専⾨家が選んだ!腰に優しいマットレス第1位    雲のやすらぎプレミアム

腰痛対策⽤の敷布団、マットレスとして有名なのが「雲のやすらぎプレミアム」

整体師、整形外科位、柔道整復師が選ぶ「腰に優しいマットレス」で1位を獲得しているだけあって、発売以来⼤変売れています。

素材は⾼反発ウレタン、凹凸アルファマットを使⽤しており体にかかる負荷を⼤幅に軽減させるので腰痛や背中の痛みなどで悩んでいる⽅にはおすすめです。また⾼級⽺⽑、先端素材のマイティトップⅡ(防ダニ・防カビ・防臭)が使われていて寝⼼地も抜群。


腰の専⾨家を納得させた構造が⽣み出す厚みはなんと17cm!底付き感もないので床引きでも、ベッドフレームの上で使えますね。

100⽇返⾦保証もあるので、腰が気になる⽅は試していただきたい商品です。

 

高反発マットレス 13層やすらぎマットレス

圧倒的な構造で高級感・存在感があり、数々のメディアで取り上げられた高反発マットレス。

・こだわり抜いた高反発マットレス・プレミアム高反発コイルとクラウドMAXウレタン
最大級の厚み!13層の極厚27cm
・ハイグレードニット通気性・吸収性が抜群。体圧分散機能と温度調節機能
・完全日本製造の高品質・防ダニ・抗菌防臭を徹底
使用をしても、60日間の返品保証。

 

 

腰痛対策マットレスモットン

腰痛対策マットレスモットンはまさに「腰痛持ち」の方向けのマットレス

昨年から爆発的に売れている腰痛対策マットレスで、腰痛持ちの方には絶対おすすめのマットレスが「腰痛対策マットレス モットン」です。
腰痛対策専門のマットレス」というコンセプトで、まさに腰痛で悩んでる方を対象に開発された高反発マットレスです。


腰痛対策マットレスモットンは、まずは試してみたい、という方の為に「お試しキャンペーン・90日間の返金保証制度」を実施しています。

ブランディング等にお金をかけず口コミ等で評価を得た腰痛対策用の高反発マットレスとして実績を積み、売上本数10万本(※平成28年6月10日実績)を突破した腰痛対策マットレスモットン。

CMや雑誌などで見られるマットレスは、プロのスポーツ選手等が使用している事でブランディング効果も高く、腰や体の負担を抑えた腰痛マットレスですが、値段が高額で、なかなか手が出しづらかったのが現状です。

日々鍛錬を重ねているアスリートの腰痛と、一般の方の腰痛とはまた性質が根本的に違います。今まで一般的な方向けにリーズナブルで腰痛対策を前面に押し出しているマットレスはありませんでした。

マットレスで必要な耐久性・通気性・ホコリも出ず、ダニ対策も万全。ISO認証取得工場での製造・復元率や見かけ密度等も数値が高い高性能の腰痛対策マットレス。
point!モットンはベットや床に直接敷いても、今使っているマットレスの上に敷いてもOKです。
「お試しキャンペーン・90日間の返金保証制度」の間は、今使用しているベッドマットレスはそのまま平行して使用しながら判断することができます。
良いと思えば、90日間の間に今のベットマットレスを処分し、合わなければ返品する、といった様に試す事ができるので、リスクは限りなく低くなります!


モットンはキャンペーン中の「公式通販」からの購入が一番安く購入できます。

 

香川真司選手等が愛用【マニフレックス】 マニフレックス モデル246

プロサッカー選手の香川真司選手等が愛用していることで、アスリートの間でも使っている方が多い【マニフレックス】。

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。
ポイントは、優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォーム「エリオセル」は その品質と耐久性を証明する長期保証がついていることです。

高反発と言うと「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

「背中・腰・お尻」の形成する大きなS字はマットレスで、 「頭・首・背中」の小さなS字はまくらで、隙間なく支え上げて保持します。 日本では腰痛に悩まされている方に特に人気があります。

-日頃からの腰痛対策を実施

© 2020 【腰痛マットレス比較】腰痛マットレス2020年最新版人気ランキング!腰痛対策