腰痛マットレスおすすめランキング。通販でもっとも人気の高い腰痛対策のマットレスを紹介。

【腰痛マットレス比較】腰痛マットレス2017年最新版人気ランキング!

今あるマットレスを処分する方法を調べて実践してみた 腰痛マットレス比較

更新日:

新しいマットレスを仕入れると同時に、古いマットレスを捨てなければならない 腰痛マットレス

67143f9dd9ece652d227aa3057cbdb27

 

結論:粗大ゴミとして捨てました

 

7年程使用したダブルの結構立派なマットレスでした。10万ぐらいしたかもしれませんが、メーカーは不明です。不明というより無名でした。

なので、

「少しでもいいから、新しいマットレスを買う足しになれば」

なんて浅ましい考えが浮かびネットで情報収集と、さらに業者を見つけては電話してみようと思いました。

 

そして、10社ぐらいでしょうか。電話をしてみたのですが、メールと電話で問い合わせてみたんです。

結果:「うちでは買取はできません。しかし引取りであれば可能です。その場合は運送料、搬送料で合計7000円ほどになります。」

 

「高!」

足しになるなんてとんでもない、むしろお金がかかるだなんてあんまりだ。

 

ベットマットレスの中古がまったくどこも引き取れないかというと、買取ってもらえる場合もあります。その条件としては

・やはり5年以内ぐらいが対象。

・有名なブランドであること

フランスベッド(francebed)、テンピュール(tempur)、、エアウィーヴ(airweave)、カッシーナ(cassina)・・・等。

 

色々とサイトでは「高価買取!」とうたっているところも多いですが、実際問い合わせてみると「ちょっと難しいですね」なんて所が多かったです。マットレスと同時に家電も廃棄するもがあったのですが、

やはり5年以内じゃなければ対象じゃないとのことでした。

そんな新しいものを捨てる人・・・・結構いるみたいですね。

 

とりあえず都内の粗大ごみ受付センターに電話してみたら

区の粗大ゴミ受付センターに月曜日から土曜日 午前8時から午後7時迄が受付になってました。

粗大ゴミの定義では、
「おおむね一辺が30センチメートル以上のもの)は、粗大ごみです。袋に入れて、可燃ごみや不燃ごみに出しても収集できません。」

とのことです。意外と少し大きめなものが粗大ゴミの対象となるのですね。

余談ですが、家電製品はまた粗大ゴミとは別で、リサイクルセンターに連絡しなければいけません。
ですが、家電によっては粗大ゴミとして出しても大丈夫とのことでした。処分のは古い電子レンジだったのですが、こちらは粗大ゴミとして受け付けていました。ちなみに捨てるのにコンビニで買った券はB券の300円1枚です。

 

そして、大きなダブルベットのマットレスです。「これはかなり大きいから結構高いのだろうなー」なんて思ってたのですが、実際引き取ってもらった金額は

 

1000円でした。

 

コンビニでA券(200円)を2枚と、B券(300円)を2枚です。合計1000円です。こちらを貼って収集日を決めるのですがそれまでに名前や受付番号を書いておいていくだけです。

 

運ぶのは台車を借りても大変だったので、引きずりながらですがなんとかマンションの粗大ゴミを捨てる所定の場所まで運ぶ事ができました。

 

 

各区にも記載されていますが、
「悪質な業者にご注意ください・チラシ・インターネットなどで「家庭で不用になった家具などの粗大ごみを処分する」などと言って、高額な処理費用を請求したり、「無料で引き取る」といいながら、処理費用を請求する業者がいます。」

とのことです。

 

昔に覚えがありますが、急な引っ越しがあり、かなり大きな電子ピアノを処分しなければいけないことになりました。
それはとても高くて、当時で50万以上したのですがなんせ重くて一人で運ぶことが困難でした。

 

それを当時の買取業者は「これは買取ることができません。無料で引き取るのであればOKです。」と言いました。とにかくその日に処分しなければいけなかったので、実にもったいなかったですが0円で処分したことがあります。

 

 

状況によっては、やはり処分しなければならないので「え?そんな値段なの?・・・・・でもいいや。持って行って」となるでしょう。

なので、急な処分の場合は仕方がない時もありますが、まずは区内の粗大ゴミに連絡してみて金額を確認してからでも良いかと思います。

 

腰痛マットレス比較に戻る

厳選して選んだ 「腰痛マットレスランキング BEST3!」

腰痛マットレスのネットで口コミや評判の良いマットレスを本当にくまなく見尽くしました。

よくあるランキングサイトでランクはつけていません。良く売れていて、最もレビューが多いものを3つ選ばせていただきました。

いずれもアマゾンや楽天、ヤフーショッピングのようなショッピングモールよりも、腰痛対策マットレスは公式サイトから購入するのが一番お得です。

90日間返金保証 高反発マットレスモットン

昨年あたりから爆発的に売れている腰痛対策マットレス。
腰痛対策専門のマットレスということで腰痛で悩んでる顧客を対象に開発された高反発マットレスです。


モットンはまずは試してみたい、という方の為に90日間の返金保証制度を設けてます

何故こんなにこの商品が売れているかというとこの返品保証と、ネット上の口コミが圧倒的に多くプロのスポーツ選手等が使用している腰への負担を極力おさえた腰痛マットレスは値段が高いのでなかなか手が出しづらかった商材の中、ブランディング等にお金をかけず口コミ等で評価を得た腰痛対策用のマットレスとして評価されているからです。

まずは90日間しっかり使ってそれでも効果が無いと感じれば返品すればいいという事です。どれくらい返品されているかというと実際は1~2%ぐらいだそうです。それは公式サイトに記載されている情報なので実際はもうちょっと多いのかもしれませんが、それでも数%なので信頼できるのではないでしょうか。

マットレスで必要な、耐久性、通気性、ダニ対策も対策を施してます。モットンは公式サイトからの購入が一番安く、返品保証もあります。

凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団【雲のやすらぎ】

モットンが世に出る前までは腰痛マットレスとして圧倒していた商品です。

こちらはテレビ局各社でとりあげられ雑誌でも特集が組まれ、 全国のお客様から満足度の高いクチコミを頂いてる注目度抜群の敷布団です。

「雲のやすらぎ」敷布団でこだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。

 

◆体圧分散の常識を覆した!独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用。

◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛の方に安心。

◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団。

◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい。

リバーシブルで春夏は通気性抜群。

SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で、防ダニ・抗菌、防臭効果。

◆安心の日本製です。


香川真司選手等が愛用【マニフレックス】

プロサッカー選手の香川真司選手等が愛用していることで、アスリートの間でも使っている方が多い【マニフレックス】。

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。

 

 

ポイントは、優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォーム「エリオセル」は その品質と耐久性を証明する長期保証がついていることです。

硬すぎる寝具では体を点で支えてしまい、柔らかすぎる寝具では腰が沈んでしまいます。

どちらの場合も最も重い腰部分が支点となって全体重を支えるので 腰部分が浮いたまま強い圧力が分散しきれなかったり、 腰が沈んだまま体の一部分の負担が大きくなってしまいます。

マニフレックスのマットレスに横たわると、一度沈み込んだ後、 体圧を均等に分散してしっかり支え上げ、立ったままの理想的な寝姿勢を保ち続けます。

高反発と言うと「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

「背中・腰・お尻」の形成する大きなS字はマットレスで、 「頭・首・背中」の小さなS字はまくらで、隙間なく支え上げて保持します。 日本では腰痛に悩まされている方に特に人気があります。

 

-今あるマットレスを処分する方法を調べて実践してみた
-,

Copyright© 【腰痛マットレス比較】腰痛マットレス2017年最新版人気ランキング! , 2017 AllRights Reserved.