腰痛マットレスおすすめランキング。通販でもっとも人気の高い腰痛対策のマットレスを紹介。

【腰痛マットレス比較】腰痛マットレス2017年最新版人気ランキング!

睡眠の質を上げる方法 その1 腰痛マットレス比較

更新日:

現在ではほとんどの方が睡眠不足に悩まされているのではないでしょうか。

どうしても遅い時間に食べざるをえない夜食、夜遅くまで仕事やプライベートでもお供にしてしまうパソコンやスマートフォン。とくにスマホの普及率があがったことにより目を酷使して寝る前に脳を目覚めさしている傾向があります。

寝る直前のパソコンやスマホはNG!腰痛マットレス

こちらをご覧になられている方がまさ寝る前の直前であれば申し訳ございません。。

ですが、寝る前のパソコンやスマホからの光を浴びることで、あるホルモンを抑制してしまうことがわかっています。

あるホルモンとは、「メラトニン」という名の睡眠、覚醒を行うためのホルモンです。このホルモンの分泌させる行動が必要なのですが、パソコンやスマホを寝る前に閲覧・作業すると、これらの放つ光、ブルーライトがメラトニン抑制をさらに助けてしまう、といわれています。

 

パソコンやスマホを寝る前にみても大丈夫な場合もある?その方法は・・・・

ある一説では寝る直線にパソコンやスマホを閲覧しても睡眠の質を妨げずに寝られる方法があるそうです。それはパソコンやスマホが放つ光量を抑えることです。
それは「端末を明るさ「30ルクス以下」で使うこと」だそうです。

「30ルクス以下」という数字がどれくらいのものか、普段ルクス等意識ぜずに様々な端末を使用しているのが現状ですので検討つきにくいですが、「中」以下の明るさで目から離す、具体的には35センチ以上が目安になるそうです。

 

普段使用している明るさと、端末からの距離が違ってくるかもしれませんが、とにかく文字の小さいスマホを目を接近させて閲覧している状態、真っ暗な部屋でスマホをMAX明るくしてLINEしている状態はいけないですね。

 

本来は寝る時間の3時間前ぐらいからは心身ともにクールダウンし、寝る状態に
もっていくことが望ましいです。

 

寝る前にパソコンやスマホを閲覧で睡眠を妨げる理由は他にもある

ブルーライト等の原因もありますが、こちらの方が原因の方が割合をしめているかもしれません。

 

それはパソコンやスマホからくる「情報収集・情報の多さ」です。

 

それでなくてもストレスや不安な社会です。
仕事のみならず家庭やプライベート、お金や健康、将来、人間関係・・・さまざまな関わり合いは神経をすり減らし、寝る前に妄想として考えてしまいます。
そして不安を解消するために、何か情報を得るためにパソコンを開いてしまいますがさらにそれが不安を煽る結果になります。

 

本来興味ないはずのニュースが、つい見たくなるようなスポーツ紙のような見出しでクリックして読み込んでしまう経験は誰にでもあるでしょう。

そして関連記事をどこまでも見続けてしまい、本来調べようとしていたことからどんどん脱線し、ありもしない妄想を掻き立ててしまう、本当にパソコンの情報は両刃です。
時間を決めて、寝る数時間前には端末から遠ざかりましょう。

 

昼間ならともかく、寝る前はパソコンやスマホから遠ざかることを決めてしまいましょう。

 

パソコンやスマホからの情報や便利さはあくまで「道具」と割り切るべきです。

 

情報も同じものについて「良い」といっている情報もあれば真逆のことを言って
る情報もあります。

たとえば痩せるために

 

「3食しっかり食べないと痩せない」
「3食はたべすぎだ 1食で十分だ」

 

この2つの情報があったとして、さらに根拠を探すために、自分が納得できる情報をどちらかというと自分の都合の良い(信じたい)内容にバイアス(偏り)をかけながら情報を探してしまいます。

 

たとえば痩せたいけど、どうしても3食食べたい派であれば、
「3食食べるけど、それでも痩せた!という事例」
を探したりします。それで納得できる記事に出会えるかもしれませんが、それはおそらく専門家でもない、誰かの書いた記事です。しかしそんな記事に影響されたりします。
前向きな内容であれば全然良いと思います。
ですが、様々なニュースがあふれかえっているので、時事事項は時として必要かもしれませんが良くないニュースや芸能ゴシップ等には惑わされないようにしましょう。あなたの人生には全く意味をもたらしません。
物を買うときや実際使った感想やレビュー等は参考にしますし、自分と同じ境遇の人や自分と同じ属性の人の話はとても参考になったりもします。
もちろん多少の加飾のあってもそんなにウソは書いてないからだと思っています。

ですが自分の境遇と全然近しくない状況や内容に心を惑わされる必要はないので大丈夫です。自分の人生に自信を持って前向きになりましょう。

睡眠の質の話とは脱線しましたが、日々寝る前には幸せな気分で寝るのが一番です。

腰痛マットレス比較に戻る

厳選して選んだ 「腰痛マットレスランキング BEST3!」

腰痛マットレスのネットで口コミや評判の良いマットレスを本当にくまなく見尽くしました。

よくあるランキングサイトでランクはつけていません。良く売れていて、最もレビューが多いものを3つ選ばせていただきました。

いずれもアマゾンや楽天、ヤフーショッピングのようなショッピングモールよりも、腰痛対策マットレスは公式サイトから購入するのが一番お得です。

90日間返金保証 高反発マットレスモットン

昨年あたりから爆発的に売れている腰痛対策マットレス。
腰痛対策専門のマットレスということで腰痛で悩んでる顧客を対象に開発された高反発マットレスです。


モットンはまずは試してみたい、という方の為に90日間の返金保証制度を設けてます

何故こんなにこの商品が売れているかというとこの返品保証と、ネット上の口コミが圧倒的に多くプロのスポーツ選手等が使用している腰への負担を極力おさえた腰痛マットレスは値段が高いのでなかなか手が出しづらかった商材の中、ブランディング等にお金をかけず口コミ等で評価を得た腰痛対策用のマットレスとして評価されているからです。

まずは90日間しっかり使ってそれでも効果が無いと感じれば返品すればいいという事です。どれくらい返品されているかというと実際は1~2%ぐらいだそうです。それは公式サイトに記載されている情報なので実際はもうちょっと多いのかもしれませんが、それでも数%なので信頼できるのではないでしょうか。

マットレスで必要な、耐久性、通気性、ダニ対策も対策を施してます。モットンは公式サイトからの購入が一番安く、返品保証もあります。

凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団【雲のやすらぎ】

モットンが世に出る前までは腰痛マットレスとして圧倒していた商品です。

こちらはテレビ局各社でとりあげられ雑誌でも特集が組まれ、 全国のお客様から満足度の高いクチコミを頂いてる注目度抜群の敷布団です。

「雲のやすらぎ」敷布団でこだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。

 

◆体圧分散の常識を覆した!独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用。

◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛の方に安心。

◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団。

◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい。

リバーシブルで春夏は通気性抜群。

SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で、防ダニ・抗菌、防臭効果。

◆安心の日本製です。


香川真司選手等が愛用【マニフレックス】

プロサッカー選手の香川真司選手等が愛用していることで、アスリートの間でも使っている方が多い【マニフレックス】。

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。

 

 

ポイントは、優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォーム「エリオセル」は その品質と耐久性を証明する長期保証がついていることです。

硬すぎる寝具では体を点で支えてしまい、柔らかすぎる寝具では腰が沈んでしまいます。

どちらの場合も最も重い腰部分が支点となって全体重を支えるので 腰部分が浮いたまま強い圧力が分散しきれなかったり、 腰が沈んだまま体の一部分の負担が大きくなってしまいます。

マニフレックスのマットレスに横たわると、一度沈み込んだ後、 体圧を均等に分散してしっかり支え上げ、立ったままの理想的な寝姿勢を保ち続けます。

高反発と言うと「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

「背中・腰・お尻」の形成する大きなS字はマットレスで、 「頭・首・背中」の小さなS字はまくらで、隙間なく支え上げて保持します。 日本では腰痛に悩まされている方に特に人気があります。

 

-睡眠の質を上げる方法
-

Copyright© 【腰痛マットレス比較】腰痛マットレス2017年最新版人気ランキング! , 2017 AllRights Reserved.