日頃からの腰痛対策を実施

日頃からの腰痛対策を意識しよう

日常の生活の中で、一番腰に負担がかかるのは座っている時

仕事でも学校でも一番多い座っている状態というのは実は不調を感じてくるのもこの座っている姿勢から来ることが多いのです。意外と、立ちながら前傾姿勢をとるよりも座りながらの前傾姿勢の方が腰に負荷がかかっているといわれています。

それは、座って前傾姿勢の場合、座位の姿勢は腹筋に力が入っていません。たとえばお腹の出た方の座り方をみていると、ドン、とお腹が机にくっついて腰が曲がっているような感じになっていませんか。少し偉そうな雰囲気が出てしまいます。

一方、前傾姿勢の場合は首が前に出ている状態で、背骨が曲がっている状態です。お腹でも支えていないため、全体を腰でささえてます。このときに椎間板にかなり負担がかかった状態になります。

パソコンなどのモニターがデスクトップの場合は目線が若干上にになりますし、首も起きている状態なのですが、ノートパソコンの場合はアーチを描くように腰から曲がって首が前に出た状態を長時間キープしなければなりません。これでは腰どころか肩こりの原因にもなります。
これで目を酷使すれば、目、肩、腰といった連動して痛むところが出来てしまいます。

正しく座る習慣を若い時から意識させておく

座る姿勢というのは学生時代では無意識のうちに身についてしまいます。座り方というのは皆それぞれの座り方をしています。正しい姿勢というのは、骨盤が立ち上がり、背骨がまっすぐに立って、連動して首もまっすぐになっている人です。そうすると膝頭が直角になっていればいいのですが、若干腰の位置、股関節よりも下に膝頭がある場合が多いかもしれません。その場合は直角になるように椅子の高さや床についている足の高さを物をおくなり、何か工夫をして調節しましょう。

つい骨盤が丸くなりがちです。座椅子の形状によって背骨をまっすぐになりにくいかもしれませんが、とにかくだらしない座り方をしないことを意識しましょう。背骨や首をまっすぐに凛とした姿勢を保つと大変かと思いがちですが、実際お腹を前に突き出して背骨が曲がった状態で長時間すわっていると大変疲れます。

腹筋を意識する、腹筋を鍛えて腰痛対策

腰痛になった人にすすめているのが腹筋を鍛えることです。
腰痛でなくとも腹筋はゆるみがちでどうしてもゆるゆるになってしまいます。腰回りはとくに肥大しやすく気を抜くと一番に太って見える箇所ですが、これは座っている姿勢の時からでも意識することで変化します。

座っている時に腹筋を使っているかどうかはすぐにわかります。
先ほどの正しい姿勢で座った時に、どちらでもいいので片足を上げてみてください。急に腹筋に力が入るかと思います。これを20秒キープするのでも結構くるしいものです。

日常、座ることが多い人はどうせなら腹筋も少しづつ鍛えてみましょう。毎日の事なので意識をするしないで、全然変わってきます。

家で腹筋を行う際にも膝を曲げて、足を持ってもらうなり、何かに挟んだり重いものをのせたりして固定して腹筋をすると思いますが、上体を思いっきり起こしての昔ながらの腹筋は腰を痛めるといわれています。腰に痛みを感じないように腰回りを強化するための腹筋が姿勢によってはかえって逆効果になります。

自宅で腹筋する際は、おへそを見るような感覚で首を持ち上げるだけで効果があります。1回1回をお腹に力が入っていることを意識しながら行うことです。無理をせずにまずは自身のペースで行ってください。

立ち姿で人は与える印象が変わる

すっと立っている姿勢は凛々しいものです。これは男女同じように印象度は初対面の人には効果的でもあり、健康面でも大事です。

逆に悪い姿勢というのは座位と同様、猫背の姿勢です。背骨がまがれば首も連動していれば下を向くことになります。ですが、立っていても座っていても前を向こうとするので顎が前に出ます。そうすると肩に負担がかかります。見た目にもかなり貧祖な雰囲気を与え、印象はけしてよくありません。

女性が雑誌やオーディション等で使う宣材写真や、ステージ等で立ち姿を披露する場合にはバレリーナのように上から吊られているイメージをもって頭をまっすぐに保ち首をまっすぐに伸ばすことを心がけましょう。

その際には背中の肩甲骨を付け合せるようなイメージを持って胸を張る事を意識します。これだけでも普段意識していない人がやれば見違えるような立ち姿勢になります

 

寝ている時も体がまっすぐになっていることを先にイメージしましょう。なかなか朝までまっすぐな状態で寝るのは難しいかもしれませんが、現在の寝姿勢の習慣をただすのに、マットレスを交換することで実現されるでしょう。

腰痛持ちから支持されている腰痛マットレスランキング

腰痛持ちから支持されている腰痛マットレスランキング

腰痛対策マットレスモットン

マットレス訴求

腰痛対策マットレスモットンはまさに「腰痛持ち」の方向けのマットレス

昨年から爆発的に売れている腰痛対策マットレスで、腰痛持ちの方には絶対おすすめのマットレスが「腰痛対策マットレス モットン」です。
腰痛対策専門のマットレス」というコンセプトで、まさに腰痛で悩んでる方を対象に開発された高反発マットレスです。


腰痛対策マットレスモットンは、まずは試してみたい、という方の為に「お試しキャンペーン・90日間の返金保証制度」を実施しています。

ブランディング等にお金をかけず口コミ等で評価を得た腰痛対策用の高反発マットレスとして実績を積み、売上本数10万本(※平成28年6月10日実績)を突破した腰痛対策マットレスモットン。

CMや雑誌などで見られるマットレスは、プロのスポーツ選手等が使用している事でブランディング効果も高く、腰や体の負担を抑えた腰痛マットレスですが、値段が高額で、なかなか手が出しづらかったのが現状です。

日々鍛錬を重ねているアスリートの腰痛と、一般の方の腰痛とはまた性質が根本的に違います。今まで一般的な方向けにリーズナブルで腰痛対策を前面に押し出しているマットレスはありませんでした。

マットレスで必要な耐久性・通気性・ホコリも出ず、ダニ対策も万全。ISO認証取得工場での製造・復元率や見かけ密度等も数値が高い高性能の腰痛対策マットレス。

point!モットンはベットや床に直接敷いても、今使っているマットレスの上に敷いてもOKです。
「お試しキャンペーン・90日間の返金保証制度」の間は、今使用しているベッドマットレスはそのまま平行して使用しながら判断することができます。
良いと思えば、90日間の間に今のベットマットレスを処分し、合わなければ返品する、といった様に試す事ができるので、リスクは限りなく低くなります!


モットンはキャンペーン中の「公式通販」からの購入が一番安く購入できます。

 

雲のやすらぎプレミアム

雲のやすらぎ敷布団は専門家も納得の4冠獲得

腰の専⾨家が選んだ!腰に優しいマットレス第1位    雲のやすらぎプレミアム

腰痛対策⽤の敷布団、マットレスとして有名なのが「雲のやすらぎプレミアム」

整体師、整形外科位、柔道整復師が選ぶ「腰に優しいマットレス」で1位を獲得しているだけあって、発売以来⼤変売れています。

素材は⾼反発ウレタン、凹凸アルファマットを使⽤しており体にかかる負荷を⼤幅に軽減させるので腰痛や背中の痛みなどで悩んでいる⽅にはおすすめです。また⾼級⽺⽑、先端素材のマイティトップⅡ(防ダニ・防カビ・防臭)が使われていて寝⼼地も抜群。


腰の専⾨家を納得させた構造が⽣み出す厚みはなんと17cm!底付き感もないので床引きでも、ベッドフレームの上で使えますね。

100⽇返⾦保証もあるので、腰が気になる⽅は試していただきたい商品です。

高反発マットレス 13層やすらぎマットレス

雲のやすらぎマットレス

圧倒的な構造で高級感・存在感があり、数々のメディアで取り上げられた高反発マットレス。

・こだわり抜いた高反発マットレス・プレミアム高反発コイルとクラウドMAXウレタン
最大級の厚み!13層の極厚27cm
・ハイグレードニット通気性・吸収性が抜群。体圧分散機能と温度調節機能
・完全日本製造の高品質・防ダニ・抗菌防臭を徹底
使用をしても、60日間の返品保証。

 

 

香川真司選手等が愛用【マニフレックス】 マニフレックス モデル246

プロサッカー選手の香川真司選手等が愛用していることで、アスリートの間でも使っている方が多い【マニフレックス】。

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。
ポイントは、優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォーム「エリオセル」は その品質と耐久性を証明する長期保証がついていることです。

高反発と言うと「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

「背中・腰・お尻」の形成する大きなS字はマットレスで、 「頭・首・背中」の小さなS字はまくらで、隙間なく支え上げて保持します。 日本では腰痛に悩まされている方に特に人気があります。

-日頃からの腰痛対策を実施

© 2020 【腰痛マットレス比較】腰痛マットレス2020年最新版人気ランキング!腰痛対策