巣ごもり生活で売れているマットレス

良い睡眠は免疫を高める 巣ごもりで売れているマットレス

巣ごもり生活で売れているマットレス

新型コロナウィルスの影響で、自宅にいる時間が多くなった。そんな環境で「長い時間いる自宅だから、この機会に家具を見直そう」といった意識が高まり、家具がネット通販中心に売れている。そして海外でも睡眠時間が増えているというニュースもあり睡眠を見つめなおす機会にもなっていることで、寝具メーカーも売り上げが昨年同月対比で30%UP以上、ネット通販においては2倍の売り上げになったところもあるという

Yahoo!NEWS  テレワークで初経験? 腰に激痛「ぎっくり腰」の原因・治療・予防法

 

睡眠の質が問われている

ただ、長く睡眠をとればいいというものではなく、睡眠の質が大事になってくる。

思い起こせば、今年に入ってから新型コロナウイルス感染症対策で緊急事態宣言が発令・外出自粛などにより、就業者や学生が急遽リモートワーク・テレワーク中心の生活となり、出掛けることもままならなくなった。

レジャーや買い物でさえも、あまり同じ場所に長時間いることがタブーとされ、さらに自宅にいることが多くなった。

ある調査では、働き方・仕事量・不安感などの変化で「睡眠の質」に変化がみられ、睡眠の質が下がった「眠りが浅くなった」という回答が多かったという。

 

より良い睡眠をとるにはいくつかの条件が必要で、

・適度な運動・心地よい疲れ
・決まった時間での起床・睡眠
・体に合った寝具

等があげられる。

その中でも、「巣ごもり」生活だとどうしても運動不足になる。特に自宅でのテレワークで丸一日買い出し以外、ほぼ自宅から出ないとすると1日ほとんど動いていない日も多いのではないだろうか。

適度な運動は1日1万歩

1日の適度な運動は、歩数にして1万歩と言われているが、実際1万歩を歩くと結構な時間・距離をあることになる。

これは体の大きさや歩くスピードによっても変わるが、距離にしてざっと5~7キロ、時間にして1時間ぐらいだ。学校や職場・通勤通学でもこれぐらい歩いてる人はたくさんいないのではないだろうか。

ということは、現在の環境ではかなり意識して動かなければならない。

「それにしても1万歩は多い」といっても、半分の5千歩もいかない日が多かったりするのではないだろうか。

 

どんなに家が広くあっても、ワンルームであっても意外と自分がいる場所は特定されているものだ。だいたいは決まった椅子かソファーに座っていることが大半で、定位置は決まっているはずだ。

買い出しに行かない日もあるだろうし、1日テレワーク、もしくは1日中家にいた場合、歩いた歩数が100歩も無い場合もあるだろう。

 

こういった運動不足だと、頭は一日中スマホやパソコンを見たりしているので疲れているが、体は全然疲れていないということになる。

そうすると寝る直前までスマホやパソコンをいじっているものだから、寝ようとしても寝れない。体が疲れていないから心地よい眠りとは程遠いはずだ。

まずは朝散歩・そして朝早く起きることを心がけよう

リモートワーク・テレワークだと通勤時間が無くなるわけだから、その分朝をゆっくり迎えられる。

そうすると「やった!もう少し長く寝れるようになるぞ!ラッキー!」なんて思っていると、さらに夜更かしが多くなり、二度寝が多くなり、寝ても寝ても頭がぼーっとした状態が続く。

二度寝は本当に体に良くないので、決まった時間にぱっと起きることが望ましい。

そして推奨されているのが「朝散歩」だ。そんなに長くする必要もなく、適度に日光を浴びて、20分前後が望ましい。

 

寝具を見直すなら今のタイミング

睡眠の質が悪いと免疫が低下することは様々な研究結果で明らかになっている。

普通に考えても良く眠ることが健康に良いことに直結しており、睡眠はその最たるものだ。人生の半分近くは睡眠時間なわけだからしっかりとした睡眠、それを促進する寝具が望ましい。

 

睡眠には適度な温度調節や、湿度、腰に負担のないようなマットレス・敷布団が良い。最近では本当に研究されていて様々な臨床試験を行った結果に基づいて開発されている寝具が多い。
体圧分散型は今は当たり前の必要な構造になっているので、さらにプラスアルファが必要だ。

最近では、多少厚めがあり、ウレタン構造ではないものが人気だ。

 

腰痛持ちから支持されている腰痛マットレスランキング

腰痛持ちから支持されている腰痛マットレスランキング

雲のやすらぎプレミアム

腰の専⾨家が選んだ!腰に優しいマットレス第1位    雲のやすらぎプレミアム

腰痛対策⽤の敷布団、マットレスとして有名なのが「雲のやすらぎプレミアム」

整体師、整形外科位、柔道整復師が選ぶ「腰に優しいマットレス」で1位を獲得しているだけあって、発売以来⼤変売れています。

素材は⾼反発ウレタン、凹凸アルファマットを使⽤しており体にかかる負荷を⼤幅に軽減させるので腰痛や背中の痛みなどで悩んでいる⽅にはおすすめです。また⾼級⽺⽑、先端素材のマイティトップⅡ(防ダニ・防カビ・防臭)が使われていて寝⼼地も抜群。


腰の専⾨家を納得させた構造が⽣み出す厚みはなんと17cm!底付き感もないので床引きでも、ベッドフレームの上で使えますね。

100⽇返⾦保証もあるので、腰が気になる⽅は試していただきたい商品です。

 

高反発マットレス 13層やすらぎマットレス

圧倒的な構造で高級感・存在感があり、数々のメディアで取り上げられた高反発マットレス。

・こだわり抜いた高反発マットレス・プレミアム高反発コイルとクラウドMAXウレタン
最大級の厚み!13層の極厚27cm
・ハイグレードニット通気性・吸収性が抜群。体圧分散機能と温度調節機能
・完全日本製造の高品質・防ダニ・抗菌防臭を徹底
使用をしても、60日間の返品保証。

 

 

腰痛対策マットレスモットン

腰痛対策マットレスモットンはまさに「腰痛持ち」の方向けのマットレス

昨年から爆発的に売れている腰痛対策マットレスで、腰痛持ちの方には絶対おすすめのマットレスが「腰痛対策マットレス モットン」です。
腰痛対策専門のマットレス」というコンセプトで、まさに腰痛で悩んでる方を対象に開発された高反発マットレスです。


腰痛対策マットレスモットンは、まずは試してみたい、という方の為に「お試しキャンペーン・90日間の返金保証制度」を実施しています。

ブランディング等にお金をかけず口コミ等で評価を得た腰痛対策用の高反発マットレスとして実績を積み、売上本数10万本(※平成28年6月10日実績)を突破した腰痛対策マットレスモットン。

CMや雑誌などで見られるマットレスは、プロのスポーツ選手等が使用している事でブランディング効果も高く、腰や体の負担を抑えた腰痛マットレスですが、値段が高額で、なかなか手が出しづらかったのが現状です。

日々鍛錬を重ねているアスリートの腰痛と、一般の方の腰痛とはまた性質が根本的に違います。今まで一般的な方向けにリーズナブルで腰痛対策を前面に押し出しているマットレスはありませんでした。

マットレスで必要な耐久性・通気性・ホコリも出ず、ダニ対策も万全。ISO認証取得工場での製造・復元率や見かけ密度等も数値が高い高性能の腰痛対策マットレス。
point!モットンはベットや床に直接敷いても、今使っているマットレスの上に敷いてもOKです。
「お試しキャンペーン・90日間の返金保証制度」の間は、今使用しているベッドマットレスはそのまま平行して使用しながら判断することができます。
良いと思えば、90日間の間に今のベットマットレスを処分し、合わなければ返品する、といった様に試す事ができるので、リスクは限りなく低くなります!


モットンはキャンペーン中の「公式通販」からの購入が一番安く購入できます。

 

香川真司選手等が愛用【マニフレックス】 マニフレックス モデル246

プロサッカー選手の香川真司選手等が愛用していることで、アスリートの間でも使っている方が多い【マニフレックス】。

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。
ポイントは、優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォーム「エリオセル」は その品質と耐久性を証明する長期保証がついていることです。

高反発と言うと「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

「背中・腰・お尻」の形成する大きなS字はマットレスで、 「頭・首・背中」の小さなS字はまくらで、隙間なく支え上げて保持します。 日本では腰痛に悩まされている方に特に人気があります。

-巣ごもり生活で売れているマットレス

© 2020 【腰痛マットレス比較】腰痛マットレス2020年最新版人気ランキング!腰痛対策