様々な寝具メーカーの中でもなぜモットンなのか

様々な寝具メーカーの中でもなぜモットンなのか

腰痛対策をうたっているマットレスで販売実績著しいのがモットンです

こちらは株式会社グリボーという福岡の会社が発売しているマットレスです。
腰痛に特化した商品を販売しており、他にも専用の枕や腰にまくコルセットのような商品も新発売しています。

数年前からネットの口コミ等で広がった腰痛対策用マットレスモットンはキャッチフレーズが「自然な寝返りをサポートする【高反発マットレス モットン】」と、寝返りが自然にうてる、寝返りをサポートしているというところに着目しています。

マットレスは低反発と高反発がありますが腰の負担が少ないのが高反発マットレスです。

睡眠中に寝返りを打つことで血液やリンパ等の流れをよくする

睡眠中は脳もそうですが筋肉を休ませています。海外の映画等でもベッドが大きかったりフカフカなベッドで寝ているようなイメージがあるかもしれませんが、日本人はご存じのとおり筋力は欧米人に比べて大変弱いのです。

なので、女性でも簡単に自然に寝返りがうてるように反発力にこだわりをもとめた商品です。
それは筋力がなくても、筋肉が衰えても自然に寝返りがうてるように、と開発されたマットレスです。

201605280558423191

長年マットレスを使用することで出てくるヘタリ

車の座席もそうですが、10年~使っているとヘタリがひどくなります。
張っていた座席はグニャグニャしたものとなり、このような座席で長時間、長期間運転すると腰痛の原因になることは十分に考えられます。

 

ベッドも同じことです。なかなか機会がなければマットレスを見直すような気にならないかもしれません。ただ、慢性の腰痛を覚えた時にはマットレスそのもののヘタリが原因で腰痛を引き起こしている可能性もあります。筋肉を休めるつもりが寝姿勢がおかしくなっているせいで朝起きると鈍痛がする、といった場合はかなり要注意です。

201601240241434985

モットンは
「実験方法は、1分間に60回、布団の厚みが半分になるように圧縮し、8万回に達した時点で30分間放置。」
といった実験を行い、寝具業界では5年といわれているものに比べて約3倍の耐久性を誇る結果となってます。

通気性の良いウレタンフォーム

マットレスは特に敷布団と比べて敷きっぱなしになります。
マットレスの通気性が悪ければ、湿度もあがり、蒸れやすくなってしまいます。寝汗は寝ている間に冬場であってもコップ一杯分200ccは汗をかいています。

モットンの場合はウレタンフォームの発砲する泡の大きさを調整する事で、高い通気性を実現しています。

・布団やマットレス等の寝具類といえばダニとホコリ、カビ等。

今では「布団専用クリーナー」が大変売れています。一昔前の敷布団は日当たりのいいベランダなどに干してパンパン、と布団たたきでたたいているイメージでした。それにより埃やダニを退治していたのですが、近年では布団を叩いただけではダニは消滅しない、さらに日を当てても裏側にまわりこむなど天日干しだけでは不衛生といった風潮が漂い始めました。

結果、布団も掃除してしまったほうが良いということになり、床等と同じ掃除機ではかえって汚れるので専用の掃除機が発売されています。

ですが、そもそも発生しやすいダニ等が住み着かないように、防ダニ・防カビとうたっている寝具がたくさん発売されるようになりました。

昔ながらの毛布や綿、羽毛等は恰好のダニの住処になってしまいますが、モットンのウレタンフォームはダニをはじめとする害虫が発生することがほとんどなく、埃もでないので大変衛生的です。

さらにカバーも取り外せて洗濯できるので衛生的に保つことができます。

他の高反発マットレスと違い、直接床や畳の上におくことができます。

本来、高反発マットレスはベッドマットレス等の上とかに置くことを想定されていますので、厚みが4センチ程度です。

ですがモットンの場合はそのままベッドマットレスとして使用できるので直に床や畳、ベッドフレームの上に置いて使用することができます。厚みは10センチありますので体をふんわり支えてくれる仕様になってます。

体重を元に、マットレスの硬さを選ぶことができます。

通常のマットレスは硬さが一定の商品が多いですがモットンは体重にあわせて3段階の硬さを選べるようになってます。

・体重が45kg以下の方は100N。
・体重が46kg~80㎏の方は140N。
・体重が81㎏以上の方は170N。

※Nの数値が大きくなる程、硬くなります。

ボーケンの検査で合格しています。

ボーケンとは経済産業大臣許可の第三者民間試験・検査機関です。
ISO認証取得工場での製造、ホルムアルデヒト含有量検査でもお子様にも安心して使える数値になっています。

それでもまずは試したい、3ヶ月間の安心返金保証キャンペーン

90日間試してみて万が一合わないと感じた場合は返品が可能。

腰痛の一時的な緩和であれば湿布やストレッチ等様々です。ですが寝ている時間を考えると、どのような処置をおこなっても根本的な解決にはなりません。

たとえ腰痛が緩和されても今使っているマットレスや敷布団があってなければ意味がありません。そして「腰痛対策」を目的とされたマットレスである必要があります。

量販店では高反発を目玉に販売している商品もたくさんありますが、腰痛に特化した着眼点がないので腰痛持ちの場合はこのような腰痛対策を目的としたマットレスで寝ることが解決への近道です。

 

なかなか解消されない腰痛は日頃の意識が大事になってきます。少し緩和するとすぐに悪い姿勢や習慣で良くない姿勢で座ったりします。歩く時も座るときも腰への事を考え、正しい姿勢を保ちましょう。

腰痛持ちから支持されている腰痛マットレスランキング

腰痛持ちから支持されている腰痛マットレスランキング

腰痛対策マットレスモットン

マットレス訴求

腰痛対策マットレスモットンはまさに「腰痛持ち」の方向けのマットレス

昨年から爆発的に売れている腰痛対策マットレスで、腰痛持ちの方には絶対おすすめのマットレスが「腰痛対策マットレス モットン」です。
腰痛対策専門のマットレス」というコンセプトで、まさに腰痛で悩んでる方を対象に開発された高反発マットレスです。


腰痛対策マットレスモットンは、まずは試してみたい、という方の為に「お試しキャンペーン・90日間の返金保証制度」を実施しています。

ブランディング等にお金をかけず口コミ等で評価を得た腰痛対策用の高反発マットレスとして実績を積み、売上本数10万本(※平成28年6月10日実績)を突破した腰痛対策マットレスモットン。

CMや雑誌などで見られるマットレスは、プロのスポーツ選手等が使用している事でブランディング効果も高く、腰や体の負担を抑えた腰痛マットレスですが、値段が高額で、なかなか手が出しづらかったのが現状です。

日々鍛錬を重ねているアスリートの腰痛と、一般の方の腰痛とはまた性質が根本的に違います。今まで一般的な方向けにリーズナブルで腰痛対策を前面に押し出しているマットレスはありませんでした。

マットレスで必要な耐久性・通気性・ホコリも出ず、ダニ対策も万全。ISO認証取得工場での製造・復元率や見かけ密度等も数値が高い高性能の腰痛対策マットレス。

point!モットンはベットや床に直接敷いても、今使っているマットレスの上に敷いてもOKです。
「お試しキャンペーン・90日間の返金保証制度」の間は、今使用しているベッドマットレスはそのまま平行して使用しながら判断することができます。
良いと思えば、90日間の間に今のベットマットレスを処分し、合わなければ返品する、といった様に試す事ができるので、リスクは限りなく低くなります!


モットンはキャンペーン中の「公式通販」からの購入が一番安く購入できます。

 

雲のやすらぎプレミアム

雲のやすらぎ敷布団は専門家も納得の4冠獲得

腰の専⾨家が選んだ!腰に優しいマットレス第1位    雲のやすらぎプレミアム

腰痛対策⽤の敷布団、マットレスとして有名なのが「雲のやすらぎプレミアム」

整体師、整形外科位、柔道整復師が選ぶ「腰に優しいマットレス」で1位を獲得しているだけあって、発売以来⼤変売れています。

素材は⾼反発ウレタン、凹凸アルファマットを使⽤しており体にかかる負荷を⼤幅に軽減させるので腰痛や背中の痛みなどで悩んでいる⽅にはおすすめです。また⾼級⽺⽑、先端素材のマイティトップⅡ(防ダニ・防カビ・防臭)が使われていて寝⼼地も抜群。


腰の専⾨家を納得させた構造が⽣み出す厚みはなんと17cm!底付き感もないので床引きでも、ベッドフレームの上で使えますね。

100⽇返⾦保証もあるので、腰が気になる⽅は試していただきたい商品です。

高反発マットレス 13層やすらぎマットレス

雲のやすらぎマットレス

圧倒的な構造で高級感・存在感があり、数々のメディアで取り上げられた高反発マットレス。

・こだわり抜いた高反発マットレス・プレミアム高反発コイルとクラウドMAXウレタン
最大級の厚み!13層の極厚27cm
・ハイグレードニット通気性・吸収性が抜群。体圧分散機能と温度調節機能
・完全日本製造の高品質・防ダニ・抗菌防臭を徹底
使用をしても、60日間の返品保証。

 

 

香川真司選手等が愛用【マニフレックス】 マニフレックス モデル246

プロサッカー選手の香川真司選手等が愛用していることで、アスリートの間でも使っている方が多い【マニフレックス】。

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。
ポイントは、優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォーム「エリオセル」は その品質と耐久性を証明する長期保証がついていることです。

高反発と言うと「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

「背中・腰・お尻」の形成する大きなS字はマットレスで、 「頭・首・背中」の小さなS字はまくらで、隙間なく支え上げて保持します。 日本では腰痛に悩まされている方に特に人気があります。

-様々な寝具メーカーの中でもなぜモットンなのか

© 2020 【腰痛マットレス比較】腰痛マットレス2020年最新版人気ランキング!腰痛対策