腰痛マットレスおすすめランキング。通販でもっとも人気の高い腰痛対策のマットレスを紹介。

【腰痛マットレス比較】腰痛マットレス2017年最新版人気ランキング!

腰痛対策にはまずは有酸素運動(ウォーキング編)

更新日:

腰痛には適度な運動がいいとされている

ぎっくり腰で動けない等の強烈な痛みがある場合はけしておすすめできませんが、腰痛予防としても適度な運動がいいと考えられています。

 

激しい運動は逆効果ですが、ウォーキングや水泳、有酸素運動も効果的です。筋力の低下も腰痛の原因になるとされているので、日ごろから意識して歩くことを心がけましょう。

 

健康のためには「一日に一万歩歩きましょう」とよく提言されています。

一万歩を一日にこなそうと思うと、どれくらいの距離を歩いて、そして何時間ぐらいかかるのでしょうか。

人それぞれ歩幅があるので差は出てくるかと思いますが、一般的に大人の歩幅で70センチ前後かなと考えみましょう。一般男性の歩幅がこれぐらいです。女性であればこれよりももう少し短いかと思います。

 

単純計算で考えると70センチ×1万歩なので、700000センチ=7キロということになります。7キロという距離はどうでしょうか?思ったよりも長いな!という印象じゃないでしょうか。

7キロの速度で歩けば(走れば)1時間ですよね。7キロの速度はちょっとランニング、ぐらいじゃないでしょうか。早歩きでもちょっと一般の方では達さないスピードだと思います。

一万歩を歩くには一時間半前後かかる?

おおよそ歩くスピードは3キロ~6キロと考えると、時間にしてもゆっくりだと2時間、普通に歩いても1時間半前後近くかかると考えていいかもしれません。

 

時間にしても、毎日これぐらいの距離を歩いてるかが一つの目安になりますね。
日々サラリーマンやOLの方なら営業で外に出てない方であれば往復で1時間以上、歩くことは平日では難しいかもしれません。
仕事が終われば疲れているので、ついまっすぐ最短距離で家に帰りたいと思うかもしれません。ですが少し気持ちにも余裕があったら遠回りしたり、他の道で帰ったりと工夫することで歩く時間や距離を稼げます。

帰り道、少し遠回りしてみよう

少し道をかえるだけで思わぬ発見があったりするものです。

 

あ、こんな店があるんだ、とかこんな家があるんだ、などちょっとした刺激になると思います。どうせウォーキングするのであれば楽しみながらできれば腰痛予防にも、体力向上にもつながって一石二鳥ですよね。

 

ランニングも最初は億劫だったけど、続けていくうちにランニングしない日があると逆に身体がムズムズする、なんて事を良く聞きます。一日全然歩いていないと、体が順応しているので歩きたくなるでしょう。

膝に負担をかけず、ずっと続けれられるウォーキングは一番簡単で効果も高い健康法と言えます。

腰痛マットレス比較に戻る

厳選して選んだ 「腰痛マットレスランキング BEST3!」

腰痛マットレスのネットで口コミや評判の良いマットレスを本当にくまなく見尽くしました。

よくあるランキングサイトでランクはつけていません。良く売れていて、最もレビューが多いものを3つ選ばせていただきました。

いずれもアマゾンや楽天、ヤフーショッピングのようなショッピングモールよりも、腰痛対策マットレスは公式サイトから購入するのが一番お得です。

90日間返金保証 高反発マットレスモットン

昨年あたりから爆発的に売れている腰痛対策マットレス。
腰痛対策専門のマットレスということで腰痛で悩んでる顧客を対象に開発された高反発マットレスです。


モットンはまずは試してみたい、という方の為に90日間の返金保証制度を設けてます

何故こんなにこの商品が売れているかというとこの返品保証と、ネット上の口コミが圧倒的に多くプロのスポーツ選手等が使用している腰への負担を極力おさえた腰痛マットレスは値段が高いのでなかなか手が出しづらかった商材の中、ブランディング等にお金をかけず口コミ等で評価を得た腰痛対策用のマットレスとして評価されているからです。

まずは90日間しっかり使ってそれでも効果が無いと感じれば返品すればいいという事です。どれくらい返品されているかというと実際は1~2%ぐらいだそうです。それは公式サイトに記載されている情報なので実際はもうちょっと多いのかもしれませんが、それでも数%なので信頼できるのではないでしょうか。

マットレスで必要な、耐久性、通気性、ダニ対策も対策を施してます。モットンは公式サイトからの購入が一番安く、返品保証もあります。

凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団【雲のやすらぎ】

モットンが世に出る前までは腰痛マットレスとして圧倒していた商品です。

こちらはテレビ局各社でとりあげられ雑誌でも特集が組まれ、 全国のお客様から満足度の高いクチコミを頂いてる注目度抜群の敷布団です。

「雲のやすらぎ」敷布団でこだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。

◆体圧分散の常識を覆した!独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用。

◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛の方に安心。

◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団。

◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい。

リバーシブルで春夏は通気性抜群。

SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で、防ダニ・抗菌、防臭効果。

◆安心の日本製。

香川真司選手等が愛用【マニフレックス】

プロサッカー選手の香川真司選手等が愛用していることで、アスリートの間でも使っている方が多い【マニフレックス】。

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。

 

 

ポイントは、優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォーム「エリオセル」は その品質と耐久性を証明する長期保証がついていることです。

硬すぎる寝具では体を点で支えてしまい、柔らかすぎる寝具では腰が沈んでしまいます。

どちらの場合も最も重い腰部分が支点となって全体重を支えるので 腰部分が浮いたまま強い圧力が分散しきれなかったり、 腰が沈んだまま体の一部分の負担が大きくなってしまいます。

マニフレックスのマットレスに横たわると、一度沈み込んだ後、 体圧を均等に分散してしっかり支え上げ、立ったままの理想的な寝姿勢を保ち続けます。

高反発と言うと「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

「背中・腰・お尻」の形成する大きなS字はマットレスで、 「頭・首・背中」の小さなS字はまくらで、隙間なく支え上げて保持します。 日本では腰痛に悩まされている方に特に人気があります。

-腰痛対策にはまずは有酸素運動(ウォーキング編)

Copyright© 【腰痛マットレス比較】腰痛マットレス2017年最新版人気ランキング! , 2017 AllRights Reserved.