腰痛マットレスおすすめランキング。通販でもっとも人気の高い腰痛対策のマットレスを紹介。

【腰痛マットレス比較】腰痛マットレス2017年最新版人気ランキング!

腰痛対策は睡眠の間にも必要

更新日:

腰痛対策は睡眠の間にも必要

腰痛の原因は様々あるものの、腰痛が起こるメカニズムは神経の圧迫等です。

長時間同じ姿勢を続けていると筋肉が緊張してきます。それは座っている姿勢でも立っている時も同じです。

いずれにしても筋肉が緊張している原因になるので、この筋肉の緊張をほぐすことを目的とした腰痛対策が必要になってきます。

寝ている間の腰痛対策

寝ている間でも、ずっと同じ姿勢を朝まで続けている方も中にはいるかもしれません。まさに寝姿勢が良くて仰向けで天井を向いてまっすぐ寝ている方もいるかもしれませんが、通常は寝返りを何度が繰り返して上を向いたり、横を向いたりして寝ている方がほとんどだと思います。
仮にずっと同じ姿勢で寝ていると筋肉をほぼ動かさないままの状態が何時間が続きます。この状態に違和感を感じた時に寝返りをしますがマットレスが合わない場合、寝返りがうまくうてず、結果寝返り回数が減って朝起きると腰痛のみならず、体のあちこちが痛いといった状況を招いてしまいます。

 

 

うつ伏せで腰痛になる人もいる

 

うつ伏せで寝るのが基本姿勢の方もるかもしれません。ただうつ伏せで寝た場合、特に女性で多いのですが腰痛を招く「反り腰」になった状態で寝姿勢を保ったまま朝を迎えてしまう片も多いのではないでしょうか。

 

 

立ち姿勢の場合、「反り腰」は綺麗な立ち姿勢に見えるのですが、ただ腰には負担がかかり、けして推奨される姿勢ではありません。

 
うつ伏せで寝ていても、デメリットばかりではありません。いびきの軽減や近年多くなっている無呼吸の状態を防ぐとも言われています。

 
ですが顔の位置であったりとか、横隔膜を圧迫した状態になるため心臓の負担や顔もどちらかを向かざるを得ないので首や肩こりの原因をつくることになりかねません。

 

 

 

マットレスのどの向きであっても一番落ち着く姿勢を見つける

普段無意識のうちに続けている寝姿勢があると思います。
どちらに向いても圧倒的にこれがいい、というものはありません。普段やり慣れていない寝姿勢を強いると、思わぬ箇所を痛める原因にもなります。
基本、仰向けで寝てみる、その上で合う寝具を探すのが一番良いと思います。よく横向き用とか○○用とかありますが、仰向けで自然に寝ることが比較的腰に対しても負担を軽減できます。
その上で、寝返りのしやすい環境をつくることが大事です。
特に腰痛がある片は自分にあった高反発のマットレスや枕を選ぶことが良いでしょう。

腰痛マットレスランキングに戻る

厳選して選んだ 「腰痛マットレスランキング BEST3!」

腰痛マットレスのネットで口コミや評判の良いマットレスを本当にくまなく見尽くしました。

よくあるランキングサイトでランクはつけていません。良く売れていて、最もレビューが多いものを3つ選ばせていただきました。

いずれもアマゾンや楽天、ヤフーショッピングのようなショッピングモールよりも、腰痛対策マットレスは公式サイトから購入するのが一番お得です。

90日間返金保証 高反発マットレスモットン

高反発マットレス_モットン

昨年あたりから爆発的に売れている腰痛対策マットレス。
腰痛対策専門のマットレスということで腰痛で悩んでる顧客を対象に開発された高反発マットレスです。


モットンはまずは試してみたい、という方の為に90日間の返金保証制度を設けてます

何故こんなにこの商品が売れているかというとこの返品保証と、ネット上の口コミが圧倒的に多くプロのスポーツ選手等が使用している腰への負担を極力おさえた腰痛マットレスは値段が高いのでなかなか手が出しづらかった商材の中、ブランディング等にお金をかけず口コミ等で評価を得た腰痛対策用のマットレスとして評価されているからです。

まずは90日間しっかり使ってそれでも効果が無いと感じれば返品すればいいという事です。どれくらい返品されているかというと実際は1~2%ぐらいだそうです。それは公式サイトに記載されている情報なので実際はもうちょっと多いのかもしれませんが、それでも数%なので信頼できるのではないでしょうか。

マットレスで必要な、耐久性、通気性、ダニ対策も対策を施してます。モットンは公式サイトからの購入が一番安く、返品保証もあります。

モットン公式サイトへ

凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団【雲のやすらぎ】

雲のやすらぎマットレス

モットンが世に出る前までは腰痛マットレスとして圧倒していた商品です。

こちらはテレビ局各社でとりあげられ雑誌でも特集が組まれ、 全国のお客様から満足度の高いクチコミを頂いてる注目度抜群の敷布団です。

「雲のやすらぎ」敷布団でこだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。

◆体圧分散の常識を覆した!独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用。

◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛の方に安心。

◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団。

◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい。

リバーシブルで春夏は通気性抜群。

SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で、防ダニ・抗菌、防臭効果。

◆安心の日本製。

雲のやすらぎ公式サイトへ

香川真司選手等が愛用【マニフレックス】

プロサッカー選手の香川真司選手等が愛用していることで、アスリートの間でも使っている方が多い【マニフレックス】。

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。

 

 

ポイントは、優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォーム「エリオセル」は その品質と耐久性を証明する長期保証がついていることです。

硬すぎる寝具では体を点で支えてしまい、柔らかすぎる寝具では腰が沈んでしまいます。

どちらの場合も最も重い腰部分が支点となって全体重を支えるので 腰部分が浮いたまま強い圧力が分散しきれなかったり、 腰が沈んだまま体の一部分の負担が大きくなってしまいます。

マニフレックスのマットレスに横たわると、一度沈み込んだ後、 体圧を均等に分散してしっかり支え上げ、立ったままの理想的な寝姿勢を保ち続けます。

高反発と言うと「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

「背中・腰・お尻」の形成する大きなS字はマットレスで、 「頭・首・背中」の小さなS字はまくらで、隙間なく支え上げて保持します。 日本では腰痛に悩まされている方に特に人気があります。

マニフレックス公式サイトへ

西川AIR SI

西川Air 日本のみならず世界のトップアスリートたちが自ら体感して選ばれている、CMでおなじみの点で支えるコンディショニングマットレス[エアー]。 サイトでは、プロサッカー選手のバルセロナ所属のネイマール選手メジャーリーガーニューヨークヤンキースの田中将大選手プロ野球読売巨人軍の坂本勇人選手等、圧倒的な面々です。 国内の寝具メーカーの中でも老舗であり、ブランディングもある西川産業です。コンディショニングマットレス[エアー]シリーズの中でも特に注目されているマットレスが、プレミアムモデル[エアーSI]。 球団史上初の日本一連覇を目指す大谷選手の睡眠面をサポートしている商品です。 畳や床に直接敷いて使う事もできます。注意点としては、敷きっぱなしにするとマットレスが発散した湿気が畳や床にこもることがあるので、用後は立てかけたりして風通しを良くします。現在使用しているマットレスの上に置いて使うこともできます。 お使いのマットレスが硬めであれば、エアーの本来の機能を発揮できますが、とても柔らかい、またはへたっている場合は効果が充分に得られないことがあります。 寝心地は独特で、寝心地や点で支える構造になっています。この突起の構造がかなり特徴があるため、気になる方は気になるかもしれません。 あとはお値段。一般的なマットレスよりも高価になっております。エアーSIではマットレスでも 76,000円、ダブルになると116,000円になります。

エアウィーヴ (air weave)

エアウィーヴ エアウィーヴの一押しの商品であるマットレズパッドは厚みは6センチのマットレズパッドです。   床にそのまま敷くのではなく、今使用しているマットレスの上に敷いて使用します。ですのでトップアスリートは遠征先に持参したりしています。 浅田真央さんやトップアスリートが愛用しているCMでお馴染みのエアウィーヴ。体圧分散の機能性や、復元力(体重を押し返す力)が高く体の負担を軽減できる構造になっています。

・エアウィーヴは夏は涼しく、冬は暖かい。

最大の特徴ともいえるのが素材。 独自技術のairfiber(エアファイバー)という素材の90%以上が空気であるため、 通気性が抜群。 結果、蒸れることがないので夏は蒸れず、冬は空気断熱に優れているため体温を 逃さずに暖かさを保つ構造になっています。

・水洗いができるエアウィーヴのマットレスパッド

通常、マットレスであれば水洗いはできないのですがエアウィーヴはカバーだけ でなく中身も水洗いできます。ですのでカビやダニといった衛生面では心配あり ません。 ・エアウィーヴマットレスパッド お値段 シングル   64,800円 セミダブル   77,760円 ダブル    90,720円

-腰痛対策は睡眠の間にも必要
-

Copyright© 【腰痛マットレス比較】腰痛マットレス2017年最新版人気ランキング! , 2017 AllRights Reserved.