腰痛マットレスおすすめランキング。通販でもっとも人気の高い腰痛対策のマットレスを紹介。

【腰痛マットレス比較】腰痛マットレス2017年最新版人気ランキング!

*

腰痛対策してますか?腰痛が治らない、腰痛の原因は今使っているマットレスにあるかもしれません。

腰痛マットレス比較サイトでは、あらゆる比較サイトや口コミ評価サイト、評判の良い・悪い含め徹底リサーチして紹介しています。
ネット上で溢れている口コミ評価の高いマットレスをまとめて厳選して紹介しています。

Q:マットレスの交換をした主な理由                                      

・朝起きると腰がだるい・痛い・一瞬激しい痛みが走る
・今使っているマットレス(敷布団)は5年以上たっている
・量販店や店舗で一度横になって気持ちよくて購入したが違和感を感じるようになった
・コイルスプリングのマットレスか、低反発マットレスをずっと使用している
・マットレスのメーカーや種類が多くて、どれを選べばいいかわからない

A:腰痛マットレス・腰痛対策用のマットレスに交換した結果

・腰痛マットレスに交換したことで、腰の痛みが気にならなくなり、激しい痛みがなくなった
・睡眠の質が良くなったので、朝疲れたとれて、毎日リセットできるようになった
・腰痛とともに肩こりも解消され、体全体が柔軟になり疲れを感じにくくなった
・長年コイルスプリングの分厚いマットレスを使っていたのでダニやホコリが
すごかったがマットレスを交換し、衛生的になった
・毎日良く寝れている事で生活の質も向上し、結果見違えるほど健康になった

今寝ている敷布団やベッドのマットレスが原因になっているかもしれません。直接の原因になっていなくとも、腰痛を長引かせている原因になっているかもしれません。

今使っているマットレスがただの高反発マットレスではなく「腰痛対策用のマットレス」の腰痛専用として開発されたマットレスがおすすめです。

90日間返金保証 高反発マットレスモットン

昨年あたりから爆発的に売れている腰痛対策マットレス。
腰痛対策専門のマットレスということで腰痛で悩んでる顧客を対象に開発された高反発マットレスです。


モットンはまずは試してみたい、という方の為に90日間の返金保証制度を設けてます

何故こんなにこの商品が売れているかというとこの返品保証と、ネット上の口コミが圧倒的に多くプロのスポーツ選手等が使用している腰への負担を極力おさえた腰痛マットレスは値段が高いのでなかなか手が出しづらかった商材の中、ブランディング等にお金をかけず口コミ等で評価を得た腰痛対策用のマットレスとして評価されているからです。

まずは90日間しっかり使ってそれでも効果が無いと感じれば返品すればいいという事です。どれくらい返品されているかというと実際は1~2%ぐらいだそうです。それは公式サイトに記載されている情報なので実際はもうちょっと多いのかもしれませんが、それでも数%なので信頼できるのではないでしょうか。

マットレスで必要な、耐久性、通気性、ダニ対策も対策を施してます。モットンは公式サイトからの購入が一番安く、返品保証もあります。


凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団【雲のやすらぎ】

モットンが世に出る前までは腰痛マットレスとして圧倒していた商品です。

こちらはテレビ局各社でとりあげられ雑誌でも特集が組まれ、 全国のお客様から満足度の高いクチコミを頂いてる注目度抜群の敷布団です。

「雲のやすらぎ」敷布団でこだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。

◆体圧分散の常識を覆した!独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用。

◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛の方に安心。

◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団。

◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい。

リバーシブルで春夏は通気性抜群。

SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で、防ダニ・抗菌、防臭効果。

◆安心の日本製。


香川真司選手等が愛用【マニフレックス】

プロサッカー選手の香川真司選手等が愛用していることで、アスリートの間でも使っている方が多い【マニフレックス】。

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。

 

 

ポイントは、優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォーム「エリオセル」は その品質と耐久性を証明する長期保証がついていることです。

硬すぎる寝具では体を点で支えてしまい、柔らかすぎる寝具では腰が沈んでしまいます。

どちらの場合も最も重い腰部分が支点となって全体重を支えるので 腰部分が浮いたまま強い圧力が分散しきれなかったり、 腰が沈んだまま体の一部分の負担が大きくなってしまいます。

マニフレックスのマットレスに横たわると、一度沈み込んだ後、 体圧を均等に分散してしっかり支え上げ、立ったままの理想的な寝姿勢を保ち続けます。

高反発と言うと「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

「背中・腰・お尻」の形成する大きなS字はマットレスで、 「頭・首・背中」の小さなS字はまくらで、隙間なく支え上げて保持します。 日本では腰痛に悩まされている方に特に人気があります。

年輩の方だけじゃない!若い人や女性にも腰痛は増加しています。

ご存知、現在ではパソコンの普及で長時間オフィスでのデスクワークが主流の時代です。

 

年輩や高齢者の方だけではなく、若い人や女性にも腰痛は大変増加しています。
もはや肩こりがある方と同じぐらい腰痛持ちの方がおおいです。それは体は連動しているためです。

 

余談ですが、子供たちの視力がすごく低下しているそうです。1.0ある子供が本当に少なくなったとか。
スマホの影響ですが、パソコンやスマホをみるのも目を使い、結果肩こりや腰痛を引き起こします。

 

常に緊張を強いられた姿勢は意外と自分では気づいていない「クセ」のある座り方をしています。
(オフィス内で、足の組み方や、机にもぐっているような、すごい姿勢で座っている方いますよね。)
昼間緊張し、固くなった腰を睡眠中に休めることで本来は緩和されるはずですが、

 

朝起きても「痛い!むしろ朝の方が痛い!」場合は、今寝ている敷布団やマットレスが今の身体に合っていない可能性があります。

 

「高反発マットレス」が最も腰痛を緩和できると言われていますが、腰痛対策されたマットレスはほとんど高反発マットレスです。
その理由を見てみましょう。

柔らかいマットレス、低反発マットレスが腰痛を悪化させる可能性があるのをご存じですか

睡眠は心身の健康を維持するため必要不可欠なものです。
人生80年と考えれば、約26年間は睡眠の時間です。

 

 

正しい寝姿勢は、すぐには変えられないかもしれません。
横向き、仰向け、うつ伏せと様々な習慣があるでしょう。

 

どの姿勢になっても「体圧分散」がうまくいけば腰への負担も自然と軽減されます。
ですが、これがやわらかい低反発のマットレスだと体圧分散がうまくいかず、腰が沈み重い部分が沈んでしまいます。
仮に寝ている姿勢がそのまま起き上がるとちょうど猫背になったような姿勢になります。
これでは腰に大変な負担をかけた状態になります。

一昔前に敷布団やマットレスではなくウォーターベッドが流行った時代がありました。
当時は100万ぐらいするような高級なウォーターベッドが柔らかく水の温度を変えるだけです。

 

夏はひんやり、冬は暖かくなるなど魔法のベッドでした。
寝ころんだ瞬間は大変気持ちがいいのですが、体にまとわりつくぐらいの柔らかさがありました。
朝起きると体中あちこちが痛くなっていたという話がありました。
実際に腰を痛めた方も少なくなかったでしょう。

低反発マットレスも一時期はやってはいたが

低反発マットレスは抜群の寝心地で柔らかく、マットレスに横たわった瞬間は幸せを感じることでしょう。
ですが、この柔らかさがかえって腰を深く沈みこませる原因となり、結果腰痛を引き起こしてしまうこともあります。

 

さらにこの柔らかさは耐久性の面でもデメリットがあります。
低反発マットレスの素材はどうしても通気性にかけてしまうものを使用している場合が多いです。

 

そうすると蒸れの原因となり、結果耐久性が弱くるケースが多いです。
では、耐久性の面や腰痛を引き起こさないためにもマットレスや敷布団は硬い方がいいかというと硬すぎでもいけません。

 

体の骨が出ているところを圧迫し痛める可能性があります。
仰向けになった時に腰のあたりに隙間ができてませんか。
腰に限らず、色んな箇所に隙間が出来ていると、ある箇所が圧迫されています。
主に肩回りや臀部、いわゆる「腰」まわりです。一番重い部分ですね。

 

柔らかすぎるより、体が寝返りを打ちやすく、体の一カ所に負荷がかからない
体圧分散型のマットレス
腰痛対策マットレスを選ぶべきです。
それが近年注目され、支持されている高反発マットレスです。

 寝返りが簡単にできる、寝返りを自然に誘発してくれるのが「高反発マットレス」。

 

平均、ひと晩のうちに20回~30回は寝返りを打ちます。
高反発マットレスは、左から右に寝返りしようとすると、右向きに姿勢を後押ししてくれるようなイメージです。

 

これが低反発だと寝返りをうつのに、体が沈んだ状態で横を向くのはかなり労力を必要とします。
ハンモックで横になったご経験はあるでしょうか?
ある一部に体重がかかった状態で寝ている向きを変えるのはかなり大変です。

 

浅い眠りのレム睡眠、深い眠りのノンレム睡眠が交互に繰り返されるのはご存知かと思いますが、
その切り替わりの際に寝返りなどの動きが増加しているといわれています。

 

あとは同じ部分に体圧がかかっていると違和感を感じ、それを解消しようとする為に寝返りをうちます。

敷布団やマットレスを長期間使用しているため、ヘタリが出てきている。

常に真ん中で寝ているのではなく、マットレスの中で寝る位置が決まっていませんか?
真ん中に寝るのが普通だと思いますが、左右どちらかの端っこだったりします。

 

実際マットレスの中央でまっすぐ仰向けで寝ている方の方が稀だと思います。
つい自分の寝やすい場所を求めて寝返りをします。
その際に高反発マットレスの場合は自然な寝返りをサポートしてくれています。

 

ですが、長年使っていると同じ場所で寝ている為、かなりヘタってしまっている、体を支える力が弱っている可能性があります。
椅子もそうですが、車でも会社の椅子でも長年使っているとどんどんヘタって結局クッションを置いたりしますよね。
しかしマットレスはクッションを置くわけにはいきません。

 

今使っているマットレスは何年使用しているでしょう。
3年?5年?10年以上という方も多いかと思います。

 

洋服のように何度も買い替えるものではないですが、何年前のものか考えてみると10年前だとかなり古いです。
家電製品や日用品でも生産終了になってるものがほとんどでしょう。

 

マットレスや布団には32万匹のダニがいるといわれています。

布団は干せても、マットレスを干すことは難しいですよね。
大きさによっては購入してから今まで一度も干したことがない、
あるいは移動したこともないという方もいらっしゃると思います。

 

シングルベッドでも昔のコイルスプリングだと相当な重さがありますし、移動して立てかける事も一苦労です。
そうすると、出来る事は表面を掃除機でかける、あるいは定期的にリバーシブルで使用しているかもしれません。
ダニ対策用のパッドをマットレスの下にひくなんてこともありますが、
大きなマットレスで綻びができればそこからダニが侵入し、マットレスの中で増殖している可能性があります。

 

いずれにしても何年も経過しているマットレスはダニやホコリの恰好の温床になっています。
花粉症もそうですが、今まで反応しなかったのに、今年から突然花粉症になった
という方も増えているようにアレルギー物質がたまりやすい環境は改善することをおすすめします。

人生の3分の1が睡眠の時間だと考えれば、80年の人生で約26年間が睡眠時間です。

お金をたくさんかける必要はないですが、睡眠以外の時間を快適に過ごすには、快適に睡眠がとれるよう改善することがおすすめです。 

 

 

とくに腰痛持ちの場合は、高反発マットレスの中でも「腰痛対策用のマットレス」を選ぶべきでしょう。
2017年は新しく腰痛対策用のマットレスに替えて心身ともに健康な状態で毎日を迎えましょう。

 

 

厳選して選んだ 「腰痛マットレスランキング BEST3」

腰痛マットレスのネットで口コミや評判の良いマットレスを本当にくまなく見尽くしました。その中でも良く売れていて、最もレビューが多いものを3つ選ばせていただきました。

「高反発と謳っていても、「腰痛対策」ではないものは対象外」

「腰痛対策と謳われているもの」

「レビューが少ないものはやはり売れていないから対象外」

という観点から選びました。

いずれもアマゾンや楽天、ヤフーショッピングのようなショッピングモールよりも腰痛対策マットレスは公式サイトから購入するのが一番お得です。

90日間返金保証 高反発マットレスモットン

昨年あたりから爆発的に売れている腰痛対策マットレス。
腰痛対策専門のマットレスということで腰痛で悩んでる顧客を対象に開発された高反発マットレスです。


モットンはまずは試してみたい、という方の為に90日間の返金保証制度を設けてます

何故こんなにこの商品が売れているかというとこの返品保証と、ネット上の口コミが圧倒的に多くプロのスポーツ選手等が使用している腰への負担を極力おさえた腰痛マットレスは値段が高いのでなかなか手が出しづらかった商材の中、ブランディング等にお金をかけず口コミ等で評価を得た腰痛対策用のマットレスとして評価されているからです。

まずは90日間しっかり使ってそれでも効果が無いと感じれば返品すればいいという事です。どれくらい返品されているかというと実際は1~2%ぐらいだそうです。それは公式サイトに記載されている情報なので実際はもうちょっと多いのかもしれませんが、それでも数%なので信頼できるのではないでしょうか。

マットレスで必要な、耐久性、通気性、ダニ対策も対策を施してます。モットンは公式サイトからの購入が一番安く、返品保証もあります。


凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団【雲のやすらぎ】

モットンが世に出る前までは腰痛マットレスとして圧倒していた商品です。

こちらはテレビ局各社でとりあげられ雑誌でも特集が組まれ、 全国のお客様から満足度の高いクチコミを頂いてる注目度抜群の敷布団です。

「雲のやすらぎ」敷布団でこだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。

◆体圧分散の常識を覆した!独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用。

◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛の方に安心。

◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団。

◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい。

リバーシブルで春夏は通気性抜群。

SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で、防ダニ・抗菌、防臭効果。

◆安心の日本製。


香川真司選手等が愛用【マニフレックス】

プロサッカー選手の香川真司選手等が愛用していることで、アスリートの間でも使っている方が多い【マニフレックス】。

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。

 

 

ポイントは、優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォーム「エリオセル」は その品質と耐久性を証明する長期保証がついていることです。

硬すぎる寝具では体を点で支えてしまい、柔らかすぎる寝具では腰が沈んでしまいます。

どちらの場合も最も重い腰部分が支点となって全体重を支えるので 腰部分が浮いたまま強い圧力が分散しきれなかったり、 腰が沈んだまま体の一部分の負担が大きくなってしまいます。

マニフレックスのマットレスに横たわると、一度沈み込んだ後、 体圧を均等に分散してしっかり支え上げ、立ったままの理想的な寝姿勢を保ち続けます。

高反発と言うと「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

「背中・腰・お尻」の形成する大きなS字はマットレスで、 「頭・首・背中」の小さなS字はまくらで、隙間なく支え上げて保持します。 日本では腰痛に悩まされている方に特に人気があります。

高反発マットレスモットンを買ってみました

高反発マットレスでも、このモットンの口コミや感想を散々読んだあげく、買ってみたモットン。
とにかく自分で試そうと思いました。決め手は、3ヶ月試して合わないと判断したら返品保証ができる、という点。
「腰痛対策」を全面に打ち出していた商品だからです。
腰痛を何とかしたかったので、これでダメならどれも同じかな、と思ったからです

 

DSC08522

モットン公式サイトはこちら

おお、マットレスなのにこんな箱に入っているんですね。
折り畳み式?ただ他の口コミとかでも見ているのでネタバレで存じてましたが意外とコンパクトで、しかも軽いです。

 

そして開けてみたらこのような感じです。なるほど、確かに真空パックで入ってます。
ここまではあちこちサイトを見ているので存じておりました。
物凄い勢いで膨らむのだろうか。マットレスらしくないのが第一印象です。

 

 

 

DSC08572

こんなにパツンパツンで入ってて大丈夫なのかな?

しかし冊子やら会社概要等も記載されており、かなり丁寧である、という事は伝わります。

そうでしょうね、3ヶ月お試しされて、結果たくさん返品されたら大変です。かなり思入れのある商材だというイメージです。

 

この会社はグリボーという福岡の会社で、腰痛対策用の寝具、他に枕も販売しています。「腰痛や肩こり」といった所に焦点を置いてる感じです。

 

 

そして今あるベッドの上に広げてみる。DSC08617

現在のベットはコイルスプリングで約20センチぐらいはあります。
ダブルサイズなので結構部屋の面積というか、存在感を占めています。
大きなベッドは寝ていると気持ちいいのですが、かなり部屋に圧迫感を与えていました。

 

インテリアコーディネイターいわく、とにかくベッドは位置を低く抑える事が部屋を広くみせるコツだとのことです。

 

 

簡単に広がるし、思ったより軽い。逆に手軽過ぎて拍子抜けだったぐらいでした。今のマットレスに比べて軽く移動しやすいです。最近のマットレスはこんな感じでコンパクトなんですね。ベッドまわりの掃除がしやすいです。

 

DSC08626

 

これでハサミで切ってパックから取り出してみよう。「プシュー」とか音がするのでしょうか。

 

 

 

ただただ、静かに膨らんできました。しかも即効で。

「ふわっ」って感じです。そうですね、真空パックってこんな感じでした。そして袋から出してみます。

 

DSC08633

 

おお、この肌触りは確かに口コミにあるように気持ちがいい。

いささか覆っている生地はスウェードっぽく高級感があります。
夏は暑いかもしれませんが、冬はいいですね。10センチ程とのことですが、思ったよりコンパクトです。
これは大変助ります。とにかく部屋が狭いのであまりに圧迫感があるとどうしようかと思ったがそんな事は無かったです。

 

 

 

 

DSC08592

こちらが保証書。たしかに記載しております。

「保証期間内に納得のいかなかった場合にのみ、本保証書規定に基づき返品製品と引き換えに、商品代金おを100%返金保証するものです。」

その規定も常識範囲。まぁ焦げたり、水濡れの場合は対象外・・・・等。そうそう無いかと思いますが寝タバコ等しないようにしましょう。あとは使ってみるというか寝てみるだけです。モットンで寝てみた感想です。

 

 

 

 

高反発マットレスモットンで寝てみた初日の感想

DSC08632

余談ですが、今まであったマットレスをどうしようかと思い、買い取ってくれるか、それとも捨てたほうがいいのか散々調べたあげく、捨てることにしました。

今あるマットレスを処分する方法を調べて実践してみた(結果廃棄)

 

高反発マットレスはどんなイメージでしょうか?結構反発感があって、コイルスプリングのマットレスのように飛んだり跳ねたりできるような反発感のあるマットレスをイメージするでしょうか。少なくとも私はそちらのイメージですが実際は違いました。
弾力のあるスポンジのような、だけど今まで感じたことの無い弾力性です。

 

適度に反発する体へのフィット感が低反発マットレスとは全然違います。
今まで使っていたダブルのマットレスのコイルスプリングはかなり固めだったので、違和感は当然あります。
体圧分散なので、全身がフィットする感覚です。あまりにフィットするのがまとわりつく感じで、逆に寝つきが悪かったように思います。

 

臀部が一番沈んでいるのがわかります。なので腰も支えられているように思います。
ただただこのフィット感がどうも寝付きにくい・・・・(笑)
それでも、まずは1ヶ月間、使い続けるようにしました。

 

高反発マットレスモットンで寝てみた1カ月の感想 結論:腰痛はかなり楽になりました。体感できています。

杞憂ではなく、普段から腰痛持ちなので長時間座っていたあとに立ち上がると痛かったりしますが、以前は寝る前には痛くなかったのに、朝起きると痛い、という状況がなくなりました。

 

 

 

これはかなり安心して寝られます。「グキ」っと一瞬強烈に痛む、あの痛みがなくなりました。201605280602084355
高反発のフィット感を実感しています。1ヶ月寝てみて体感できるようになったのが「体圧分散」です。一番思いところ(腰回り)が一番沈んでいます。
201605280602085247なにより代謝が良くなったように思います。今までのマットレスだと横向きになったりするとどうしても一部分に圧がかかってしまい、血行不良になっていたのかもしれません。高さがあってなかったから、腕枕するクセがあったんですね。
いい感じで寝汗をかくようになりました。朝起きると心地良い感じです。

 

 

無理な姿勢を強いられていないので肩こりも楽になりました。前のベッドではよく首を寝違えたりしておりました。

 

今では慣れて横になった時の心地良さが素晴らしいです。今までのダブルのマットレスはかなり分厚く、横にも大きいのですが厚さもあったので狭い部屋に置いた時の圧迫感がかなりのものでした。

 

201605280604497348

 

部屋を広く見せる、または部屋を広く感じさせる場合は、部屋の中に高さのあるものを置かない事です。
その場合、ベッドマットレスはそれをさ支えるフレームの高さを抑えることがコツです。

ベッドフレームを選ぶ場合、収納のついたベッドフレームもありますし、すごく背の高いベッドフレームも
あります。背の高いベッドフレームを選んだ場合、隙間はデッドスペースになるので、そこに引き出しがついたり
何か物を置くようにしてしまいがちです。

ベッドフレームを置かないで地下に敷いてもいいのですがその場合湿気がたまってしまうのでこまめに
立てかけたり手入れをすることを必要としますので、少しでもいいので床から浮かした状態を保つために
背の低いベッドフレームがおすすめです。掃除等を考えると軽い素材の簀の子や移動しやすいものが
良いかと思います。

 

 モットンはリバーシブルで使える

モットンは表裏が使えます。ですので2週間~に1回程上下を変えて使用すると長持ちします。
大きなベッドマットレスだと大変ですが軽い野で簡単に立てかけたりひっくり返したりできます。

 

201601240241434403腰痛対策マットレスのモットンは厚さが10センチ

 

しかし、モットンは厚さが約10センチです。
そしてセミダブルに変更したことで縦の大きさはかわりませんが横と厚さが変わった為、かなり部屋が広々としました。

 

温泉宿に布団を敷いている感じです。個人的に断捨離が今テーマだったのと、長年使っていたマットレスを変えるのは思ったより手間もかからず、部屋の雰囲気もガラっと変わるので大正解です。


独りで寝ているため、ちょっと良い気分でダブルのマットレスをを調子にのって購入して使用してましたが、
セミダブルのモットンに変更したことで空間の断捨離ができました。
今は大変気に入っております。愛着を持って使用してみたいと思います。

 

結論:マットレスを新調して感じた事・寝る事が楽しみ→朝起きるのが快適→良い活動ができる→良く寝れる 良い循環

今までは悪循環でした。また腰が痛い→寝ても腰が気になる→良く寝れない→結果、腰痛も緩和できないまま一日活動する→昼間もかなり眠い時がある→眠いはずなのに寝れない腰痛が気になると寝相もおかしくなります。

 

腰をかばおうとする姿勢になるので、腰を丸めて横向きに寝ますよね。腰を丸めた状態から寝返りをうつのは結構労力がかかり、つい起きてしまいます。
無理な姿勢を強いているのはやはりマットレスに左右されます。腰痛対策用で考案されたマットレスと普通のマットレスでは違いは歴然です。

 

マットレスをはじめとする寝具こそお金をかけるべき・・・ではないけども。

日々の生活で洋服や飲食にお金をかけても、寝具は一度買うとなかなか見直す機会がありません。

 

しかし、寝具も意外と痛みもはやく、気が付けば5年以上つかっていることも。
10年以上使っている人も多いのではないでしょうか。例えば10年前の洋服は、今の時代かなり古く感じるかと思います。

 

毎日使うものです。一日の疲れをとり、明日へのステップとなる大事な休息をとる場所です。
この寝床で今までどれくらいの時間を過ごしたでしょうか。

 

例えば、5年使っていたとして、一日7時間寝たとすると、

 

365日×5年=1825日

1825日×7時間=12775時間

 

127775時間、このマットレスの上で過ごしたことになります。ちょっとピンとこない数字なので、
日数で換算すると、532日分です。これだけ使えばイタミもでてきますよね。

 

寝床は頑張った自分を癒す場所です。すごく大切な場所です。そしてマットレスは毎日使うものなので丈夫であるべきで、身体にフィットするべきです。だからといって、何十万もかける必要もなく、自分に合っていれば良いのです。

 

マットレスを変えることで部屋の雰囲気がガラっとかわりました。毎日の眠りの質もかわりました。

 

そしてコイルスプリングで大きなマットレスをつかっていると、ダニやホコリ等、10年分たまっていたものを処分できた爽快感がありました。
部屋の中で一番ダニやホコリなどアレルゲンとなるものが多いのはダントツで寝具回りです。マットレスが大きかったので変えることで体質もかわってきました。

 

 

本当に腰痛はつらくて、何をするにも億劫になります。体の中心が痛いとこんなにも日常生活不便でちょっとした動作でさえ痛くてたまりません。

 

腰痛の原因は人それぞれで様々だと言われています。
ですが、寝ている間の何時間に緩和できれば、逆にマットレスが原因になっていては本末転倒なのです。
一日も早く腰痛から解放されて快適な日々を送れればよいですよね。

 

90日間返金保証 高反発マットレスモットン

昨年あたりから爆発的に売れている腰痛対策マットレス。
腰痛対策専門のマットレスということで腰痛で悩んでる顧客を対象に開発された高反発マットレスです。


モットンはまずは試してみたい、という方の為に90日間の返金保証制度を設けてます

何故こんなにこの商品が売れているかというとこの返品保証と、ネット上の口コミが圧倒的に多くプロのスポーツ選手等が使用している腰への負担を極力おさえた腰痛マットレスは値段が高いのでなかなか手が出しづらかった商材の中、ブランディング等にお金をかけず口コミ等で評価を得た腰痛対策用のマットレスとして評価されているからです。

まずは90日間しっかり使ってそれでも効果が無いと感じれば返品すればいいという事です。どれくらい返品されているかというと実際は1~2%ぐらいだそうです。それは公式サイトに記載されている情報なので実際はもうちょっと多いのかもしれませんが、それでも数%なので信頼できるのではないでしょうか。

マットレスで必要な、耐久性、通気性、ダニ対策も対策を施してます。モットンは公式サイトからの購入が一番安く、返品保証もあります。


凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団【雲のやすらぎ】

モットンが世に出る前までは腰痛マットレスとして圧倒していた商品です。

こちらはテレビ局各社でとりあげられ雑誌でも特集が組まれ、 全国のお客様から満足度の高いクチコミを頂いてる注目度抜群の敷布団です。

「雲のやすらぎ」敷布団でこだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。

◆体圧分散の常識を覆した!独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用。

◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛の方に安心。

◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団。

◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい。

リバーシブルで春夏は通気性抜群。

SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で、防ダニ・抗菌、防臭効果。

◆安心の日本製。


香川真司選手等が愛用【マニフレックス】

プロサッカー選手の香川真司選手等が愛用していることで、アスリートの間でも使っている方が多い【マニフレックス】。

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。

 

 

ポイントは、優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォーム「エリオセル」は その品質と耐久性を証明する長期保証がついていることです。

硬すぎる寝具では体を点で支えてしまい、柔らかすぎる寝具では腰が沈んでしまいます。

どちらの場合も最も重い腰部分が支点となって全体重を支えるので 腰部分が浮いたまま強い圧力が分散しきれなかったり、 腰が沈んだまま体の一部分の負担が大きくなってしまいます。

マニフレックスのマットレスに横たわると、一度沈み込んだ後、 体圧を均等に分散してしっかり支え上げ、立ったままの理想的な寝姿勢を保ち続けます。

高反発と言うと「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

「背中・腰・お尻」の形成する大きなS字はマットレスで、 「頭・首・背中」の小さなS字はまくらで、隙間なく支え上げて保持します。 日本では腰痛に悩まされている方に特に人気があります。

 

コイル系マットレスとノンコイル系マットレス

マットレスの種類には大きく分けてコイル系とノンコイル系にわかれます。
コイル系は色々な形態がありますが、主にスプリングで出来ています。ポケットコイルと呼ばれるものが主流で、スプリングが袋にはいっておりそれをキレイに規則正しく配列されたものです。

 

コイル系マットレスはシティホテル等の大きなベッドマットレスで使用されているポケットコイルやボンネルコイルマットレスがあります。

 

こちらは子供が飛んだり跳ねたりできるような弾力があり、大きくて重い、いかにもベッドといった風格が特徴です。

 

一方、ノンコイル系マットレスというのはスプリングでなく、そのほかの素地を主としたマットレスです。主にウレタンマットレスがそれにあたります。
ウレタンマットレスの他にもパームマットレスという材質のものがあります。このパームマットレスはココナッツ繊維と天然ラテックスを芯材に使用したマットレスです。

 

あまり耳慣れないかもしれませんが、特徴として、高密度であり高反発。自然の抗菌性があってカビ等にも強いです。

ココナツ繊維は、扱っている業者にもよりますが比較的固めで金額も大変安いものからあります。

 

ただあまり種類もなく、それ程使用している方は多くないように思います。

 

エアーマットレス、エアーベッドは簡易的なものが多くアウトドアやレジャー等では大活躍します。地面のゴツゴツした所から冷気等もシャッタアウトする目的もあり、比較的厚めに作られているものが多いです。
使用しない場合は折りたたんで持ち運びにも便利です。お客様用にひとつあると良いかもしれません。

 

 高反発マットレスの他の商品

今では体圧分散を推しているマットレスがCMでも結構流れるようになりました。西川エアーも大変有名なマットレスです。西川エアーは、有名なサッカー選手をCMに起用しています。
メインはプロサッカー選手のFCバルセロナ所属のネイマール選手を筆頭に、プロ野球選手、メジャーリーガーの田中将大、巨人の坂本選手をはじめ、様々なカテゴリのアスリートを起用
しています。

 

点で支えるマットレス、東京西川の[エアー]は、様々な商品のラインナップがありシングルでも5万~7万ぐらいの価格帯です。敷きっぱなしにするとマットレスが発散した湿気が畳や床にこもることがあるので、
使用後は立てかけて風通しを良くするように促しています。

 

見た目もまさにアスリートが使用するような色使いです。日頃からスポーツをやり、筋肉質、体脂肪が比較的少ない体型の方には良いマットレスだと思います。

 

エアウィーヴも様々な商品を取りそろえてます。適度な反発力のあるairfiberが、素晴らしい寝心地を感じることができ、
復元性が高いマットレスです。体圧をスムーズに分散することで正しい就寝姿勢を保ち、疲れを効率的に取ることができます。

エアウィーヴは、今使っているマットレスの上に敷いて使うものがメインだったのですが、他マットレスのあります。
厚さ約21センチ、フルサイズのベッドマットレス。従来のエアウィーヴ製品の機能や特長はすべてそのまま備えた、革新的なスプリングレス・ベッドマットレスです。
お値段は12万~です。

 

このようにマットレスでも対象としている方によって様々です。腰痛等が無い方やアスリートの方は上記のようなマットレスもおすすめです。

 

 腰痛マットレスは腰痛対策を第一に考えて作られたマットレス

腰痛マットレスや腰痛対策マットレスは一昔前ではそれほど注目されていませんでした。
腰痛そのものは現代病としてあったものの、近年睡眠の質を問われるようになり、それにむけての商品開発がすすんでいます。

自分の体に合ったオーダーメイドも、金額を考えなければベストかもしれません。
ですが本当に自分に合っているかどうかを1度や2度の計測で出来るかどうかは少し疑問が残ります。

靴でもなんでもそうですが、日頃から使用していると最初は硬かったり靴擦れしたりしたものが次第に
なじむ場合もあります。反対に、最初はとても良かったのですが、毎日毎日履いているとだんたん靴擦れを起こすようになって
来た、なんてこともあります。

毎日使うものは、日に日に変化していきますので、マットレスの場合は腰痛がある日と腰痛を感じない日もありますし
年齢によって、季節によって、または健康状態によっては体型も体格も変化していった場合に、高額なお金を出して
計測し、作ってもらったマットレスが合わなくなる場合もあるでしょう。

ですので最初は評判のよい腰痛対策の施されたマットレスを使用してみることをおすすめします。ネットの口コミは賛否両論がありますし
一概にどの内容を信じればいいか難しいかもしれませんが、モットンの場合は返品保証があるので実際に試し買いしてみた結果、良かった
という方が多かったからでしょう。

ただし、返品もされています。2%~の方が合わないと感じ返品保証を実際利用し、3ヶ月間使用後返品している様子です。
どのような商品でも万人が納得できるような商品はありません。モットン以外の腰痛マットレスを購入したけども実際に
全く効果がなかったという方もいると思います。

ただ腰痛マットレスでも高反発マットレスでも使用後の返品保証がついているものはありません。使用後の商品はさらに商品
として売り出されることはないでしょう。マットレスやベッド等の寝具は、やはり体と日々密接する商品なので、中古の買取でも
なかなか引き取ってもらえないのが現状です。

ですのであまり高額なマットレスを試しも無しに購入するのはいささか思い切った事だと思います。シングルサイズで低額なマットレス
ならまだ良いかもしれませんが、ダブルサイズ等もマットレスでしかも分厚い、部屋の空間を占めるものを購入し、返品できないような
マットレスだとかなり慎重にならざるをえません。

 腰痛マットレスは普通のマットレスと根本的に概念が違います。

 

腰痛マットレスは普通のマットレスと根本的に概念が違います。モットンのサイトを見ていただければわかりますが、腰への負担、軽減、体への配慮を
前面に打ち出した内容です。通常マットレスや寝具は比較的高級感があり、癒し系の色使いをし、ブランディングを高めるために著名人や
芸能人等を起用しCM等で付加価値を伝えようとしますが、モットンのサイトではそのような雰囲気は全くなく、どちらかちうと大衆的な
お世辞にも綺麗な構成とは言えないような感じです。(デザイナーの方、すいません。。)

それでも腰痛マットレス、高反発マットレス、寝返りや体圧分散等体の事を考慮し作られた内容で、それでも合わない場合は返品保証という内容が支持されている所以だと考えます。

腰痛マットレスを使用していて腰痛が治る、という事はけして言えませんし万人共通ではないですが、ここまで拘ってつくられた腰痛マットレスで腰への負担があったりすることは無いと考えられるので、3ヶ月試して本当に合わない、腰痛の改善が見られない、と感じれば返品すればいいかと思います。
他のマットレスを購入してしまうと返品がきかなくて、どうしても合わない場合は捨てるわけにはいかなくとも使用しつづけるのも負担になります。

 大きなマットレスで寝ていても、寝ている場所は決まっている

今までは一人で寝ているのですが、ダブルベッドよりも大きなマットレスを使用していました。
部屋の中央を占めていてかなり存在感もあり、それが体を休めるのにも、大きいことがいいような気がしていました。大きなベッドが気持ちいいと考えていました。

 

しかし、長年使用して分かったことはどんなに大きなベッドでも部分的にしか使用していないことに気が付きました。
部屋でも同じだと思いますが、部屋の中で定位置があるかと思います。

 

どんなに広くとも、ある範囲以上はあまり使っていないものです。テレビを見る時、パソコンをするとき、本を読むとき、ご飯を食べる時などはきまった位置です。
もしかするとこれらの時すべて同じ場所で過ごしている方も少なくないかと思います。

 

大きなベッドマットレスもそうですが、すべての面を使って寝ている方はほとんどいないと思います。端っこだったり右側だったり左側だったりどちらかに寄って寝ている方が多いのではないのでしょうか。

自分の大きさに合ったマットレスで充分だと思います。なるべくコンパクトに日頃掃除しやすい、しかも動かしやすく立てかける事も安易なサイズや重さが衛生的にもよく部屋も広く見えて今は大変気に入っています。

 腰痛マットレスを選ぶ時の比較対象ポイント:まとめ

いかがでしょう。マットレスには様々な種類があり、金額よりもコンセプト・用途によって材質や質感が大きく変わります。

寝具は一度購入すると比較的長く使いますが、とくにマットレスは5年~10年等長く使用している方も多いかもしれません。

ただし高価な買い物で大きなものなのであり、健康面にも直結するとても大事なものなので、自分に合ったマットレスを選ぶ事が大切です。

腰痛マットレスの場合は腰痛対策に特化したコンセプトで打ち出して商品開発されたマットレスが、寝心地を追究したマットレスよりも腰痛緩和につながります。

ポイントを押さえて、貴方にあった腰痛マットレスを選びましょう。

・返品保証も含め、保証がついているかどうか
数ヶ月~1年保証等、短い期間の場合は安価なマットレスが多いです。特に量販店等で作られたマットレスは綻びが早い段階で出てきたり、そこから埃やダニが侵入する可能性があります。あまりに安いマットレスは耐久性の面でも不安が残ります。保証が付いていないという事は、それなりの商品か、他理由があると思わざるを得ないので、できるだけ保証期間をしっかり設けている所が良いでしょう。

・返品保証の条件を今一度確かめよう

エアウィーヴや西川布団をはじめとするマットレスでも返品保証はありますが、基本的に不具合や何か不都合があった場合であり、使用後返品というわけではないので返品条件の内容も今一度確認しておく必要があります。

・マットレス選びはブランディングを重視するか健康面を重視するか

CMでアスリートや芸能人を起用し、華やかに宣伝しているような商材はとてもブランディングに長けていて宣伝コストをかけています。もちろん商品も良いからこそ、収益があるからこそなせる事だと思いますが、その分コストとして商材にかかってきます。

普通にマットレスを購入するなら、確かにCMや雑誌等で宣伝しているものも良いと思います。ブランディングさえ気になければ優先的に腰痛対策に特化したマットレスをおすすめします。

マットレスを交換するタイミングはいつ?

「万年床」といった言葉があるように、敷布団やマットレスは買い替える機会が少ないかもしれません。

ですが、敷布団もマットレスも消耗品であり、寿命があります。

マットレスにより差はありますが一般的には長くても10年程と言われています。
毎日使うものであり、体重により見た目よりも中身が傷んでいる事が多くそれは「へたり」となって元通りになることはないでしょう。

マットレスのへたり等は一度へたってしまうとどんどんその部分からへたる面積が大きくなります。へたった部分にさらに体重がのかってしまうからです。

それに伴い、寝ている状態が本来の寝姿勢よりも不自然な寝姿勢になっている場合が多く
また徐々にそのような不自然な寝姿勢になっているものですから、なかなか本人では
「今のベッドマットレスがへたっている」と感じにくいものです。

以前はそれ程腰痛を感じなかったのに、この頃、腰痛を感じる頻度が多くなった等、体の異変を感じ始めたら要注意です。

普段から姿勢や運動不足等、生活習慣を見直さなければいけませんが、朝起きると痛くなっている場合はマットレスや敷布団が寿命なのかもしれません。

家具類であれば5年や10年、使用しているものもあるかもしれませんが、寝具は毎日使用しているものです。
衣類でも5年~10年と使用しているものは少ないでしょう。

新しいマットレスはほんとうに気持ちのいいものです。この機会にぜひ交換を検討してみてはいかがでしょうか。

Copyright© 【腰痛マットレス比較】腰痛マットレス2017年最新版人気ランキング! , 2017 AllRights Reserved.