*

腰痛マットレス

腰痛が治らない、腰痛の原因はマットレスにあるかもしれません。

「あーー腰、痛い・・・・・」

と思いながら腰に手をあてて体を反るように起きる毎日を送ってませんか?

 

日常からずっと痛い方はすぐに病院に行くべきですが、たまに痛くなる、一度ヘルニアをして、あるタイミングで痛みを感じたり、朝起きた時に痛みを覚える等は、今寝ている敷布団やベッドのマットレスが原因になっているかもしれません。

 

・長時間、椅子に座っていると痛くなる

・ぎっくり腰をしたことがある

・慢性的に腰痛になる

・ずっと立っていると腰が痛くなる

・朝起きると、腰あたりが重い

 

今使っているマットレスが「腰痛対策」としてのマットレスでなければ

「腰痛対策用のマットレス」の腰痛専用として開発されたマットレスがおすすめです。

年輩の方だけじゃない!若い人や女性にも腰痛は増加しています。

現在ではパソコンの普及で長時間オフィスでのデスクワークが主流の時代なので、年輩や高齢者の方だけではなく、若い人や女性にも腰痛は大変増加しています。もはや肩こりがある方と同じぐらい腰痛持ちの方がおおいです。それは体は連動しているためです。

 

常に緊張を強いられた姿勢は意外と自分では気づいていない「クセ」のある座り方をしています。(オフィス内で、足の組み方や、机にもぐっているような、すごい姿勢で座っている方いますよね。)昼間緊張し、固くなった腰を睡眠中に休めることで本来は緩和されるはずですが、朝起きても「痛い!むしろ朝の方が痛い!」場合は、きっと今寝ている敷布団やマットレスが今の身体に合っていない可能性があります。

 

最近は「高反発マットレス」が最も腰痛を緩和できると言われています。腰痛マットレスはほとんど高反発マットレスです。その理由を見てみましょう。

柔らかいマットレス、低反発マットレスが腰痛を悪化させる可能性があるのをご存じですか

睡眠は心身の健康を維持するため必要不可欠なものです。人生80年と考えれば、約26年間は睡眠の時間です。

 

正しい寝姿勢は、すぐには変えられないかもしれません。横向き、仰向け、うつ伏せと様々な習慣があるでしょう。どの姿勢になっても「体圧分散」がうまくいけば腰への負担も自然と軽減されます。ですが、これがやわらかい低反発のマットレスだと体圧分散がうまくいかず、腰が沈み重い部分が沈んでしまいます。仮に寝ている姿勢がそのまま起き上がるとちょうど猫背になったような姿勢になります。これでは腰に大変な負担をかけた状態になります。

 

 

一昔前に敷布団やマットレスではなくウォーターベッドが流行った時代がありました。
当時は100万ぐらいするような高級なウォーターベッドが柔らかく水の温度を変えるだけで夏はひんやり、冬は暖かくなるなど魔法のベッドでした。寝ころんだ瞬間は大変気持ちがいいのですが、体にまとわりつくぐらいの柔らかさがあり、朝起きると体中あちこちが痛くなっていたという話がありました。実際に腰を痛めた方も少なくなかったでしょう。

 

では、マットレスや敷布団は硬い方がいいかというと硬すぎでもいけません。

 

体の骨が出ているところを圧迫し痛める可能性があります。仰向けになった時に腰のあたりに隙間ができてませんか。腰に限らず、色んな箇所に隙間が出来ていると、ある箇所が圧迫されています。主に肩回りや臀部、いわゆる「腰」まわりです。一番重い部分ですね。

腰痛対策されていないと腰が沈む

やはり柔らかすぎるより、体が寝返りを打ちやすく、体の一カ所に負荷がかからない体圧分散型のマットレス、腰痛対策マットレスを選ぶべきです。それが近年注目され、支持されている高反発マットレスです。

 

1位 「モットン」口コミで人気の秘密はコチラ 

2位 雲のやすらぎ WEB先行販売につき 59,800円⇒39,800円 ※送料込み

3位 世界75カ国で愛されている「マニフレックス」

 

 寝返りが簡単にできる、寝返りを自然に誘発してくれるのが「高反発マットレス」。

negaeri

平均、ひと晩のうちに20回~30回は寝返りを打ちます。高反発マットレスは、左から右に寝返りしようとすると、右向きに姿勢を後押ししてくれるようなイメージです。これが低反発だと寝返りをうつのに、体が沈んだ状態で横を向くのはかなり労力を必要とします。ハンモックで横になったご経験はあるでしょうか?ある一部に体重がかかった状態で寝ている向きを変えるのはかなり大変です。

 

浅い眠りのレム睡眠、深い眠りのノンレム睡眠が交互に繰り返されるのはご存知かと思いますが、その切り替わりの際に寝返りなどの動きが増加しているといわれています。あとは同じ部分に体圧がかかっていると違和感を感じ、それを解消しようとする為に寝返りをうちます。

敷布団やマットレスを長期間使用しているため、ヘタリが出てきている。

常に真ん中で寝ているのではなく、マットレスの中で寝る位置が決まっていませんか?

 

真ん中に寝るのが普通だと思いますが、左右どちらかの端っこだったりします。

実際マットレスの中央でまっすぐ仰向けで寝ている方の方が稀だと思います。つい自分の寝やすい場所を求めて寝返りをします。その際に高反発マットレスの場合は自然な寝返りをサポートしてくれています。

ですが、長年使っていると同じ場所で寝ている為、かなりヘタってしまっている、体を支える力が弱っている可能性があります。椅子もそうですが、車でも会社の椅子でも長年使っているとどんどんヘタって結局クッションを置いたりしますよね。しかしマットレスはクッションを置くわけにはいきません。

 

今使っているマットレスは何年使用しているでしょう。3年?5年?10年以上という方も多いかと思います。

 

洋服のように何度も買い替えるものではないですが、何年前のものか考えてみると10年前だとかなり古く、家電製品や日用品でも生産終了になってるものがほとんどでしょう。

 

人生の3分の1が睡眠の時間だと考えれば、80年の人生で約26年間が睡眠時間です。お金をたくさんかける必要はないですが、睡眠以外の時間を快適に過ごすには、快適に睡眠がとれるよう改善することがおすすめです。 

とくに腰痛持ちの場合は、高反発マットレスだけではなく「腰痛対策用のマットレス」がおすすめです。

年末年始は何かと忙しくなります。新年早々、朝起きたら腰が痛い!というのは避けたいものです。新しく腰痛対策用のマットレスに替えて心身ともに健康な状態で新年を迎えましょう。

厳選して選んだ 「腰痛マットレスランキング BEST3」

腰痛マットレスのネットで口コミや評判の良いマットレスを本当にくまなく見尽くしました。その中でも良く売れていて、最もレビューが多いものを3つ選ばせていただきました。

「高反発と謳っていても、「腰痛対策」ではないものは対象外」

「腰痛対策と謳われているもの」

「レビューが少ないものはやはり売れていないから対象外」

という観点から選びました。

いずれもアマゾンや楽天、ヤフーショッピングのようなショッピングモールよりも腰痛対策マットレスは公式サイトから購入するのが一番お得です。

90日間返金保証 高反発マットレスモットン

昨年あたりから爆発的に売れている腰痛対策マットレス。腰痛対策専門のマットレスということで腰痛で悩んでる顧客を対象に開発された高反発マットレスです。

モットンはまずは試してみたい、という方の為に90日間の返金保証制度を設けてます。

 

 

90日間というとかなりの期間ですが、もちろんその間は使用してOK。

条件としては、本体、カバー、保証書を返品すること。

何故こんなにこの商品が売れているかというとこの返品保証と、ネット上の口コミが圧倒的に多くプロのスポーツ選手等が使用している腰への負担を極力おさえた腰痛マットレスは値段が高いのでなかなか手が出しづらかった商材の中、ブランディング等にお金をかけず口コミ等で評価を得た腰痛対策用のマットレスとして評価されているからです。

それでも合う合わないはあるかもしれまんので、まずは90日間しっかり使ってそれでも効果が無いと感じれば返品すればいいという事です。

どれくらい返品されているかというと実際は1~2%ぐらいだそうです。それは公式サイトに記載されている情報なので実際はもうちょっと多いのかもしれませんが、それでも数%なので信頼できるのではないでしょうか。

マットレスで必要な、耐久性、通気性、ダニ対策も対策を施してます。モットンは公式サイトからの購入が一番安く、返品保証もあります。


凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団【雲のやすらぎ】

モットンが世に出る前までは腰痛マットレスとして圧倒していた商品です。

こちらはテレビ局各社でとりあげられ雑誌でも特集が組まれ、 全国のお客様から満足度の高いクチコミを頂いてる注目度抜群の敷布団です。

「雲のやすらぎ」敷布団でこだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。

 

◆体圧分散の常識を覆した!独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用。

◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛の方に安心。

◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団。

◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい。

リバーシブルで春夏は通気性抜群。

SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で、防ダニ・抗菌、防臭効果。

◆安心の日本製です。


香川真司選手等が愛用【マニフレックス】

プロサッカー選手の香川真司選手等が愛用していることで、アスリートの間でも使っている方が多い【マニフレックス】。

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。

 

 

ポイントは、優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォーム「エリオセル」は その品質と耐久性を証明する長期保証がついていることです。

硬すぎる寝具では体を点で支えてしまい、柔らかすぎる寝具では腰が沈んでしまいます。

どちらの場合も最も重い腰部分が支点となって全体重を支えるので 腰部分が浮いたまま強い圧力が分散しきれなかったり、 腰が沈んだまま体の一部分の負担が大きくなってしまいます。

マニフレックスのマットレスに横たわると、一度沈み込んだ後、 体圧を均等に分散してしっかり支え上げ、立ったままの理想的な寝姿勢を保ち続けます。

高反発と言うと「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

「背中・腰・お尻」の形成する大きなS字はマットレスで、 「頭・首・背中」の小さなS字はまくらで、隙間なく支え上げて保持します。 日本では腰痛に悩まされている方に特に人気があります。

 

高反発マットレスモットンを買ってみました。

高反発マットレスでも、このモットンの口コミや感想を散々読んだあげく、買ってみたモットン。とにかく自分で試そうと思いました。決め手は、3ヶ月試して合わないと判断したら返品保証ができる、という点と、「腰痛対策」を全面に打ち出していた商品だからです。腰痛を何とかしたかったので、これでダメならどれも同じかな、と思ったからです。

DSC08522

モットン公式サイトはこちら

おお、マットレスなのにこんな箱に入っているんですね。折り畳み式?ただ他の口コミとかでも見ているのでネタバレで存じてましたが意外とコンパクトで、しかも軽いです。

 

そして開けてみたらこのような感じです。なるほど、確かに真空パックで入ってます。ここまではあちこちサイトを見ているので存じておりました。物凄い勢いで膨らむのだろうか。マットレスらしくないのが第一印象です。

DSC08572

こんなにパツンパツンで入ってて大丈夫なのかな?しかし冊子やら会社概要等も記載されており、かなり丁寧である、という事は伝わります。そうでしょうね、3ヶ月お試しされて、結果たくさん返品されたら大変です。かなり思入れのある商材だというイメージです。この会社はグリボーという福岡の会社で、腰痛対策用の寝具、他に枕も販売しています。「腰痛や肩こり」といった所に焦点を置いてる感じです。

そして今あるベッドの上に広げてみる。現在のベットはコイルスプリングで約20センチぐらいはあります。ダブルサイズなので結構部屋の面積というか、存在感を占めています。大きなベッドは寝ていると気持ちいいのですが、かなり部屋に圧迫感を与えていました。インテリアコーディネイターいわく、とにかくベッドは位置を低く抑える事が部屋を広くみせるコツだとのことです。

DSC08617

簡単に広がるし、思ったより軽い。逆に手軽過ぎて拍子抜けだったぐらいでした。今のマットレスに比べて軽く移動しやすいです。最近のマットレスはこんな感じでコンパクトなんですね。ベッドまわりの掃除がしやすいです。

これでハサミで切ってパックから取り出してみよう。「プシュー」とか音がするのでしょうか。

 

DSC08626

 

ただただ、静かに膨らんできました。しかも即効で。「ふわっ」って感じです。そうですね、真空パックってこんな感じでした。そして袋から出してみます。

DSC08633

 

おお、この肌触りは確かに口コミにあるように気持ちがいい。いささか覆っている生地はスウェードっぽく高級感があります。夏は暑いかもしれませんが、冬はいいですね。10センチ程とのことですが、思ったよりコンパクトです。これは大変助ります。とにかく部屋が狭いのであまりに圧迫感があるとどうしようかと思ったがそんな事は無かったです。

DSC08592

こちらが保証書。たしかに記載しております。

「保証期間内に納得のいかなかった場合にのみ、本保証書規定に基づき返品製品と引き換えに、商品代金おを100%返金保証するものです。」

その規定も常識範囲。まぁ焦げたり、水濡れの場合は対象外・・・・等。そうそう無いかと思いますが寝タバコ等しないようにしましょう。

 

あとは使ってみるというか寝てみるだけです。モットンで寝てみた感想です。

高反発マットレスモットンで寝てみた初日の感想

DSC08632

余談ですが、今まであったマットレスをどうしようかと思い、買い取ってくれるか、それとも捨てたほうがいいのか散々調べたあげく、捨てることにしました。

今あるマットレスを処分する方法を調べて実践してみた(結果廃棄)

高反発マットレスはどんなイメージでしょうか?結構反発感があって、コイルスプリングのマットレスのように飛んだり跳ねたりできるような反発感のあるマットレスをイメージするでしょうか。少なくとも私はそちらのイメージでした。

ですが実際は違いました。弾力のあるスポンジのような、だけど今まで感じたことの無い弾力性です。適度に反発する体へのフィット感が低反発マットレスとは全然違います。
今まで使っていたダブルのマットレスのコイルスプリングはかなり固めだったので、違和感は当然あります。体圧分散なので、全身がフィットする感覚です。あまりにフィットするのがまとわりつく感じで、逆に寝つきが悪かったように思います。

 

臀部が一番沈んでいるのがわかります。なので腰も支えられているように思います。ただただこのフィット感がどうも寝付きにくい・・・・(笑)

それでも、まずは1ヶ月間、使い続けるようにしました。

高反発マットレスモットンで寝てみた1カ月の感想 結論:腰痛はかなり楽になりました。体感できています。

杞憂ではなく、普段から腰痛持ちなので長時間座っていたあとに立ち上がると痛かったりしますが、以前は寝る前には痛くなかったのに、朝起きると痛い、という状況がなくなりました。

 

 

これはかなり安心して寝られます。「グキ」っと一瞬強烈に痛む、あの痛みがなくなりました。高反発のフィット感を実感しています。1ヶ月寝てみて体感できるようになったのが「体圧分散」です。一番思いところ(腰回り)が一番沈んでいます。

201605280602084355201605280602085247201605280604497348

 

 

なにより代謝が良くなったように思います。今までのマットレスだと横向きになったりするとどうしても一部分に圧がかかってしまい、血行不良になっていたのかもしれません。高さがあってなかったから、腕枕するクセがあったんですね。いい感じで寝汗をかくようになりました。朝起きると心地良い感じです。無理な姿勢を強いられていないので肩こりも楽になりました。前のベッドではよく首を寝違えたりしておりました。

 

今では慣れて横になった時の心地良さが素晴らしいです。今までのダブルのマットレスはかなり分厚く、横にも大きいのですが厚さもあったので狭い部屋に置いた時の圧迫感がかなりのものでした。

 

モットンはリバーシブルで使える

モットンは表裏が使えます。ですので2週間~に1回程上下を変えて使用すると長持ちします。大きなベッドマットレスだと大変ですが軽い野で簡単に立てかけたりひっくり返したりできます。

201601240241434403

腰痛対策マットレスのモットンは厚さが10センチ

しかし、モットンは厚さが約10センチです。そしてセミダブルに変更したことで縦の大きさはかわりませんが横と厚さが変わった為、かなり部屋が広々としました。温泉宿に布団を敷いている感じです。

個人的に断捨離が今テーマだったのと、長年使っていたマットレスを変えるのは思ったより手間もかからず、部屋の雰囲気もガラっと変わるので大正解です。

独りで寝ているため、ちょっと良い気分でダブルのマットレスをを調子にのって購入して使用してましたが、セミダブルのモットンに変更したことで空間の断捨離ができました。

今は大変気に入っております。当分愛着を持って使用してみたいと思います。

90日間返金保証 高反発マットレスモットン

昨年あたりから爆発的に売れている腰痛対策マットレス。腰痛対策専門のマットレスということで腰痛で悩んでる顧客を対象に開発された高反発マットレスです。

モットンはまずは試してみたい、という方の為に90日間の返金保証制度を設けてます。

 

 

90日間というとかなりの期間ですが、もちろんその間は使用してOK。

条件としては、本体、カバー、保証書を返品すること。

何故こんなにこの商品が売れているかというとこの返品保証と、ネット上の口コミが圧倒的に多くプロのスポーツ選手等が使用している腰への負担を極力おさえた腰痛マットレスは値段が高いのでなかなか手が出しづらかった商材の中、ブランディング等にお金をかけず口コミ等で評価を得た腰痛対策用のマットレスとして評価されているからです。

それでも合う合わないはあるかもしれまんので、まずは90日間しっかり使ってそれでも効果が無いと感じれば返品すればいいという事です。

どれくらい返品されているかというと実際は1~2%ぐらいだそうです。それは公式サイトに記載されている情報なので実際はもうちょっと多いのかもしれませんが、それでも数%なので信頼できるのではないでしょうか。

マットレスで必要な、耐久性、通気性、ダニ対策も対策を施してます。モットンは公式サイトからの購入が一番安く、返品保証もあります。


凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団【雲のやすらぎ】

モットンが世に出る前までは腰痛マットレスとして圧倒していた商品です。

こちらはテレビ局各社でとりあげられ雑誌でも特集が組まれ、 全国のお客様から満足度の高いクチコミを頂いてる注目度抜群の敷布団です。

「雲のやすらぎ」敷布団でこだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。

 

◆体圧分散の常識を覆した!独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用。

◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛の方に安心。

◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団。

◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい。

リバーシブルで春夏は通気性抜群。

SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で、防ダニ・抗菌、防臭効果。

◆安心の日本製です。


香川真司選手等が愛用【マニフレックス】

プロサッカー選手の香川真司選手等が愛用していることで、アスリートの間でも使っている方が多い【マニフレックス】。

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。

 

 

ポイントは、優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォーム「エリオセル」は その品質と耐久性を証明する長期保証がついていることです。

硬すぎる寝具では体を点で支えてしまい、柔らかすぎる寝具では腰が沈んでしまいます。

どちらの場合も最も重い腰部分が支点となって全体重を支えるので 腰部分が浮いたまま強い圧力が分散しきれなかったり、 腰が沈んだまま体の一部分の負担が大きくなってしまいます。

マニフレックスのマットレスに横たわると、一度沈み込んだ後、 体圧を均等に分散してしっかり支え上げ、立ったままの理想的な寝姿勢を保ち続けます。

高反発と言うと「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

「背中・腰・お尻」の形成する大きなS字はマットレスで、 「頭・首・背中」の小さなS字はまくらで、隙間なく支え上げて保持します。 日本では腰痛に悩まされている方に特に人気があります。

投稿日:4月 30, 2016 更新日:

Copyright© 腰痛マットレス比較 おすすめランキングベスト3 , 2016 AllRights Reserved.