*

itete

腰痛の原因は敷布団(マットレス)にあるかもしれません。

「あーーーー  こ、腰、痛いなぁ・・・・・・・・」

と、腰に手をあてて、ゆっくり体を反るように起きる毎日

を送ってませんか?

 

日常からずっと痛い・・という方はもちろんすぐに病院に行くべきですが、たまに痛くなる、一度ヘルニアをして、あるタイミングで痛みを感じたり、朝起きた時に痛みを覚える等は今寝ている敷布団、
もしくは

ベッドのマットレスが原因になっているかもしれません。
1位 「モットン」口コミで人気の秘密はコチラ 

2位 雲のやすらぎ WEB先行販売につき 59,800円⇒39,800円 ※送料込み

3位 世界75カ国で愛されている「マニフレックス」

年輩の方だけじゃない!若い人や女性にも腰痛は増加しています。

特に最近では年輩や高齢者の方だけではなく、若い人や女性にも腰痛は大変増加しています。

 

現在ではパソコンの普及で長時間オフィスでのデスクワークが主流の時代。

 

 

常に緊張を強いられた姿勢は意外と自分では気づいていない「クセ」のある座り方をしています。

 

昼間緊張した腰を睡眠中に休めることで本来は緩和されるはずですが、朝起きても「痛い!むしろ朝の方が痛い!」場合は、きっと今寝ている敷布団やマットレスが今の身体に

合っていない可能性があります。

 

最近は「高反発マットレス」が最も腰痛を緩和できると言われています。

その理由を見てみましょう。

理由1 : 柔らかいマットレス、低反発マットレスが腰痛を悪化させる可能性があるのをご存じですか。

睡眠は、心身の健康を維持するため必要不可欠なものです。

 

正しい寝姿勢は、すぐには変えられないかもしれません。横向き、仰向け、うつ伏せと様々な習慣があるでしょう。

どの姿勢になっても「体圧分散」がうまくいけば腰への負担も自然と軽減されます。

 

ですが、これがやわらかい低反発のマットレスだと体圧分散がうまくいかず、腰が沈み重い部分が沈んでしまいます。
これでは仮に寝ている姿勢が起き上がるとちょうど猫背になったような姿勢になります。

これでは腰に大変な負担をかけた状態になります。

 

nezou

一昔前、ウォーターベッドが流行った時代があります。
当時は100万ぐらいするような高級なウォーターベッドが柔らかく水の温度を変えるだけで夏はひんやり、冬は暖かくなるなど魔法のベッドでした。
最初寝ころんだ瞬間は大変気持ちがいいのですが、体にまとわりつくぐらいの柔らかさがあり、朝起きると体中あちこちが痛くなっていたという話がありました。

 

では、硬い方がいいかというと硬すぎでもいけません。

 

体の骨が出ているところを圧迫し、痛める可能性があります。仰向けになった時に腰のあたりに隙間ができてませんか。腰に限らず、色んな箇所に隙間が出来ていると、ある箇所が圧迫されています。

 

やはり柔らかすぎるより、体が寝返りを打ちやすく、体の一カ所に負荷がかからない体圧分散型のマットレスを選ぶべきです。

それが近年注目され、支持されている高反発マットレスです。

1位 「モットン」口コミで人気の秘密はコチラ 

2位 雲のやすらぎ WEB先行販売につき 59,800円⇒39,800円 ※送料込み

3位 世界75カ国で愛されている「マニフレックス」

 

理由2 : 寝返りが簡単にできる、寝返りを自然に誘発してくれるのが「高反発マットレス」。

negaeri
高反発のマットレスは、左から右に寝返りをうとうとすると、右に向うとする姿勢を後押ししてくれるような、イメージです。
これが低反発だと寝返りをうつのに、体が沈んだ状態で横を向くのはかなり労力を必要とします。

ハンモックで横になったご経験はあるでしょうか?ある一部に体重がかかった状態で寝ている向きを変えるのはかなり大変です。

 

 

一晩のうちに20回~30回は寝返りを打つと言われています。

 

 

浅い眠りのレム睡眠、深い眠りのノンレム睡眠が交互に繰り返されるのはご存知かと思いますが、その切り替わりの際に寝返りなどの動きが増加しているといわれています。
あとは同じ部分に体圧がかかっていると違和感を感じ、それを解消しようとする為に寝返りをうちます。

敷布団やマットレスを長期間使用しているため、ヘタリが出てきている可能性があります。

 

寝る位置がマットレスの上でも決まっていませんか?常に真ん中で寝ていますか?

 

真ん中に寝るのが普通だと思いますが、左右どちらかの端っこだったりしませんか。

つい、自分の寝やすい場所を求めて寝返りをうったりします。その際に高反発マットレスの場合は自然な寝返りをサポートしてくれます。

 

人生の3分の1が睡眠の時間だと考えれば、80年の人生で約26年間が睡眠時間です。
お金をたくさんかける必要はないですが、睡眠以外の時間を快適に過ごすには、
快適に睡眠がとれるよう改善することがおすすめです。

 

厳選して選んだ 「腰痛マットレスランキング BEST3!」

ネットで口コミや評判の良いマットレスを本当にくまなく見尽くしました。

たくさんの商品を全部良い!といった風に記載しているサイトも多いので、正直どの商品がいいかわからなくなってしまいますので、その中でも

最もレビューが多いもの

を3つ選ばせていただきました。いずれもアマゾンや楽天、ヤフーショッピングからよりも

公式サイトから購入するのが一番お得です。

1位 90日間返金保証 高反発マットレスモットン

昨年あたりから爆発的に売れているマットレス。腰痛対策専門のマットレスということで腰痛で悩んでる顧客を対象に開発された高反発マットレスです。

モットンはまずは試してみたい、という方の為に90日間の返金保証制度を設けてます。

 

 

90日間というとかなりの期間ですが、もちろんその間は使用してOK。

条件としては、本体、カバー、保証書を返品すること。

何故こんなにこの商品が売れているかというとこの返品保証と、ネット上の口コミが圧倒的に多くプロのスポーツ選手等が使用している腰への負担を極力おさえたマットレスは値段が高いので

なかなか手が出しづらかった商材の中、ブランディング等にお金をかけずにただ、口コミ等で評価を得た腰痛対策用のマットレスとして評価されているからです。

それでも合う合わないはあるかもしれまんので、まずは90日間しっかり使ってそれでも効果が無いと感じれば返品すればいいという事です。

どれくらい返品されているかというと実際は1~2%ぐらいだそうです。それは公式サイトに記載されている情報なので実際はもうちょっと多いのかもしれませんが、それでも数%なので信頼できるのではないでしょうか。

マットレスで必要な、耐久性、通気性、ダニ対策も対策を施してます。

2位 凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団【雲のやすらぎ】

モットンが世に出る前まではマットレスとして圧倒していた商品です。

こちらはテレビ局各社でとりあげられ雑誌でも特集が組まれ、 全国のお客様から満足度の高いクチコミを頂いてる注目度抜群の敷布団です。

「雲のやすらぎ」敷布団でこだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。

 

 

≪商品の特徴≫

◆体圧分散の常識を覆した!独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用。

◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛の方に安心。

◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団。

◆最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい。

リバーシブルで春夏は通気性抜群。

SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で、防ダニ・抗菌、防臭効果。

◆安心の日本製です。

3位 香川真司選手等が愛用【マニフレックス】

プロサッカー選手の香川真司選手等が愛用していることで、アスリートの間でも使っている方が多い【マニフレックス】。

マニフレックスはイタリアで生まれ50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。

 

 

ポイントは、優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォーム「エリオセル」は その品質と耐久性を証明する長期保証がついていることです。

硬すぎる寝具では体を点で支えてしまい、柔らかすぎる寝具では腰が沈んでしまいます。

どちらの場合も最も重い腰部分が支点となって全体重を支えるので 腰部分が浮いたまま強い圧力が分散しきれなかったり、 腰が沈んだまま体の一部分の負担が大きくなってしまいます。

 

マニフレックスのマットレスに横たわると、一度沈み込んだ後、 体圧を均等に分散してしっかり支え上げ、立ったままの理想的な寝姿勢を保ち続けます。

高反発と言うと「硬い」という印象を受けがちですが、硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、 最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴です。

「背中・腰・お尻」の形成する大きなS字はマットレスで、 「頭・首・背中」の小さなS字はまくらで、隙間なく支え上げて保持します。 日本では腰痛に悩まされている方に特に人気があります。

 

投稿日:4月 30, 2016 更新日:

Copyright© 腰痛マットレス比較 おすすめランキングBEST3 , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.